Webエンジニアとは?仕事内容や必要なスキルを徹底解説!

IT関連講座

まずWebエンジニアについてどのようなイメージをもっているでしょうか?「Googleの検索エンジン」や「楽天やAmazonのECサイト」を開発しているのを想像する方も多いでしょう!

近年インターネット環境の急激な普及や発展により、Webエンジニアを志望する方も少なくありません。

当記事では、「未経験からWebエンジニアへの就職や転職を目指す方」などのために、Webエンジニアの仕事内容や必要なスキル、Webエンジニアになるための方法について解説しましょう!

また、WebエンジニアとSIer企業に勤めるエンジニアの違いも解説しています!

この記事を読むことで、Webエンジニアの職種について理解を深めることができ、具体的なWebエンジニアへ就職や転職する方法を知ることが可能です!

そもそもWebエンジニアとは?

ここでは、Webエンジニアの仕事内容や、よく比較されることの多いSIerエンジニアとの違いについて紹介しましょう!

Webエンジニアの仕事内容

Webエンジニアは、Webサイトやアプリケーションを開発する職種のことを指します。

たとえば、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどの「ECサイト」や、LineやTwitter、Instagramなどの「SNS」を開発します!

Webエンジニアは、「フロントエンドエンジニア」と「バックエンドエンジニア」といわれる2種類に大きく分けることができます!

フロントエンドエンジニアは、Webサイトなどの表側の開発を担い、バックエンドエンジニアはユーザーからは見えない裏側の開発を担います。

さらに、Webエンジニアはプログラミング言語を用いて開発をおこなうことが多いでしょう。詳細は下記のサイトを参照するといいでしょう!

【徹底比較】フロントエンド vs バックエンド!両者の違いから必要なスキル、将来性まで分かりやすくご紹介します! | Geekly Media | Geekly(ギークリー) IT・Web・ゲーム業界専門の人材紹介会社
フロントエンドやバックエンドといった言葉は主にWebサイトの製作現場でよく使用されます。言葉を直訳すると分かるようにWebサイトの製作には大別すると前と後ろで大きく2つに分けることができます。本記事では、フロントエンドとバックエンドの違いから、必要なスキル、将来性などをまとめてご紹介します。

WebエンジニアとSIer系のエンジニアの違い

ITエンジニアは「Webエンジニア」と「SIer系のエンジニア」に大きくわけることができます!

Webエンジニアは自社でサービスを考え、開発をおこなっていく企業を指します!

一方、SIer系のエンジニアは、ハードウェアやソフトウェア、サーバー、ネットワークなどの多種多様な技術を組み合わせて、顧客が求めているシステムを作り上げる会社をいいます。

以上より、「Webエンジニア」と「SIer系のエンジニア」では、自社開発している企業であるか、請負開発している企業であるかが大きな違いでしょう!

一般的に、SIer系の企業は大企業が多く、Web系の企業はベンチャー企業やスタートアップ企業が多いでしょう!

また、Web系企業はIT業界のスキルがないと入社できない場合が多いでしょう!
私も新卒採用で「楽天」と「Yahoo」の採用試験を受けましたが撃沈しました。Web系の企業の場合、面接に加えてプログラミングのコーディングのテストなどもおこなわれることが多く、未経験者にとってハードルは高めでしょう!

SIer企業の詳細は下記で詳しく紹介しているので、ぜひ参考ください!

Web系企業の代表例

Web系とよばれる企業の代表例として「Google」が挙げられるでしょう!

「Google」は検索エンジンサービスの提供するなど様々なサービスを運営しています。

そのほかの企業の例を挙げると、「楽天」「Line」「Yahoo」「サイバーエージェント」なども挙げられます。これらは大きな企業ですが、Web系企業の場合ベンチャー企業も多数存在しています!

Webエンジニアに求められる5つのスキル

これまでに、Webエンジニアの詳細について解説しました。ここからは、Webエンジニアに必要なスキルのなかでも特に重要な5つを紹介しましょう!

  1. プログラミングスキル
  2. インフラに関する知識やスキル
  3. データベースに関する知識やスキル
  4. コミュニケーションスキル
  5. トレンド技術に関する知識やスキル

プログラミング言語

Webエンジニアになるためには、プログラミングに関する知識やスキルが必要です!

たとえば、フロントエンドエンジニアの場合、「JavaScript」などの言語を使います。一方、バックエンドエンジニアの場合、「PHP」や「Ruby」のようなスクリプト言語を使うことが多いでしょう。

入社する前の段階で、業務に必要なプログラミングスキルを身に付けておきましょう!

インフラに関する知識やスキル

Webエンジニアには、基本的なサーバーやネットワークなどのインフラに関する知識やスキルも要求されます!

たとえば、サービスを運営していくには、「どのようなサーバーが必要か」、「ネットワーク環境をどうするか」などある程度の知識は必要でしょう。

近年では、「AWS」などのクラウドサービスが急激に発展しているため、クラウドに関するインフラの知識があると重宝される人材となれるでしょう!

なお「AWS」とは、「Amazon Web Services 」の略称、「Amazon社」が提供しているクラウドサービスのことです!  

データベースに関する知識やスキル

Webエンジニアには、データベースを扱う技術も求められます!

Webエンジニアは、データベースに対して新しいデータを格納したり、データを変更したりするような業務をおこなうこともあるでしょう!

特に大規模サービスでは莫大なデータを扱う場合が多いため、データベースに関する知識がより求められます。

データベースをスムーズに扱えるスキルをもっているとWeb系企業から重宝される人材となる可能性もあります

コミュニケーションスキル

Webエンジニアは、WebデザイナーやWebディレクターとやり取りをおこなう機会が多く、コミュニケーションスキルが求められます!

開発するサービスについて認識齟齬が発生しないように、各工程の度に何度も繰り返しコミュニケーションを取ることが大切でしょう。

たとえば、コミュニケーションスキルが低いと、他の部門やプロジェクトメンバーとスムーズに情報共有をおこなうことができないなど、業務効率の低下につながる可能性もあります!

トレンド技術に関する知識やスキル

Webエンジニアは、トレンドに関する知識やスキルも求められます。たとえば、近年では、セキュリティやクラウドに関する技術が注目を集めています!

Web系企業の特徴として、自社でサービスに関する内容を決定します。

そのため、Webエンジニアは最新のトレンドを理解することで、どのようなサービスが社会で必要とされているか知っておく必要もあるでしょう!

Webエンジニアになるための3つの方法

これまでに、Webエンジニアの詳細について解説してきました。ここからは、Webエンジニアになるための具体的な方法について紹介しましょう!

これまでにも述べましたが、WebエンジニアはIT業界未経験者ですと就職や転職が難しいのが現実です。

そのため、Web系の企業へ入社する方法を3つ紹介しましょう!

  1. 新卒採用でWebエンジニアに就職する
  2. SIer企業からWeb企業へ転職する
  3. プログラミングスクールに通う

新卒採用でWebエンジニアに就職する!

新卒の学生を採用したいと考えているWeb系企業は多くあります!

なお、新卒でWebエンジニアとして入社する場合も、プログラミングスキルを身に付けている必要があるでしょう!
学生時代にアプリの作成経験などあると良いかもしれません。自分の経験ですが、「MATLAB」や「C++」などの言語について初級者を脱したレベルでは採用されませんでした!

新卒でWeb系企業に入る場合は、「楽天」や「Google」などの有名企業よりもベンチャー企業などを狙ってみる方がいいでしょう!

理由は有名企業の場合、多くの人が応募するため、倍率が高くなる可能性があるためです。

SIer企業からWeb系企業へ転職する

SIer系企業からWeb系企業へ転職する方法もよくみられます!

Web系企業は未経験を雇うことが少ないですが、SIer系企業は未経験でも積極的に雇う場合が多いです!

大手のSIer系企業の場合、研修や福利厚生が充実していることが多く、プログラミングスキルなどWeb系企業で必要なスキルを順調に身に付けることができるでしょう!

たとえば、SIer企業でアプリ開発の案件に3年ほど携わり、Web系企業の開発者へ転職するという例は多いでしょう。

SIer企業の詳細は下記で詳しく紹介しているので、ぜひ参考ください!

プログラミングスクールに通う

プログラミングスクールで、Web系企業へ就職するのもおすすめの方法です!

プログラミングスクールに通うことで、Web系企業に必要なプログラミングスキルをスムーズに学ぶことができるでしょう。さらに求人紹介もおこなってくれることが多いです!

おすすめのプログラミングスクールを2つ紹介しましょう!

TechAcademy(テックアカデミー)

引用元:TechAcademy公式HP

「TechAcademy」は、コースの種類が豊富にあるのが特徴です。厚切りジェイソンがCMで紹介していることもあり、知名度が高いプログラミングスクールの一つといえるでしょう。

複数のコースを同時受講することもできるので、幅広くプログラミングスキルを学びたい方におすすめといえます!

オンライン受講完結できることや、受講生に1人ずつのパーソナルメンターが専属でついてもらえることも魅力でしょう!

\3分で無料登録/

CodeCamp(コードキャンプ)

引用元:CodeCamp公式HP

「CodeCamp」は、オンライン受講のみ可能のプログラミングスクールです!

講師陣は現役エンジニアの中でもトップクラスの方が多く、業務で必要とされる技術を学ぶことができるでしょう。そして学べるプログラミング言語の種類も豊富です!

講習は朝の7時から深夜の23時40分まで、365日無休で運営しているため、受講者それぞれのライフスタイルに合わせた受講ができるのが魅力です!

\3分で無料登録/

Webエンジニアは将来性が高い!

この記事では、Webエンジニアの詳細、必要なスキル、WEBエンジニアになるための方法について解説しました!

IT業界全体として人手不足なことや、ECサイトやSNSなどインターネットを使ったサービスを使う方の人口が年々増加傾向にあるため、Webエンジニアの需要や将来性は高いといえるでしょう!

Webエンジニアを目指すには、未経験からは厳しい傾向があるため、SIer系企業からの転職や、プログラミングスクールに通い就職するのがおすすめです。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました