プログラミングスクールと独学はどちらがおすすめ?おすすめの学習サイトとプログラミングスクール10選!

おすすめのプログラミングスクール IT関連講座

プログラミングスキルを身に付けるために、スクールを受講するかどうか迷われている方は少なくないでしょう。しかし、プログラミングスキルは独学で身に付けることもできます。

当記事では、プログラミングスキルを身に付けるうえで、プログラミングスクールと独学どちらがおすすめかについて、わかりやすく解説します。

プログラミングスクールを受講するか迷われている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

また、下記のプログラミングスクールでは、無料カウンセリングを行っているため、まずは受講を判断する前に活用してみましょう。

おすすめのプログラミングスクール!

①サポート体制と保証制度のしっかりした「TECHCAMP」

②選考突破率10%の現役エンジニアとマンツーマン指導のできる 「TechAcademy」

③離職率1%の転職に強みのある「DMM WEBCAMP」

④料金の安さとサポート体制に強みのある「CodeCamp」

⑤Webエンジニアを目指せる「ポテパンキャンプ」

⑥受講料無料でIT業界未経験者におすすめな「ITCEアカデミー」

プログラミングスクールと独学はどちらがおすすめか?

プログラミングスクールと独学はどちらがおすすめなのだろうか?

プログラミングスクールと独学はどちらがおすすめか気になる方は少なくないでしょう。

ここでは、プログラミングスクールと独学のどちらが適しているか簡潔に紹介します。

最短でエンジニア転職を目指す → プログラミングスクール!

最短でエンジニアに転職したい方はプログラミングスクールに通うのがおすすめです。

プログラミングスクールには、転職保証制度のあるスクールも数多くあり、転職できなかった場合に全額返金してもらうことができます。

このように、転職保証制度により、転職成功できなかった場合、受講料を全額返金してもらうことができるため、エンジニアに最短転職したい方であれば、非常におすすめです。

ちっびー
ちっびー

Webエンジニアに転職できるスキルが身に付く 「ポテパンキャンプ」 というスクールに対して個人的に興味を持っています!

また、 「ITCEアカデミー」 は受講から転職までお金が一切かからないため、条件を満たしている方であれば、ぜひ利用してみましょう。

どのスクールも無料カウンセリングを行っているため、自己分析を兼ねてぜひ悩み事を聞いてみると良いでしょう!

費用を抑えたい → 独学!

費用を抑えたい場合、独学がおすすめです。独学の勉強方法には、参考書・勉強サイト・動画などが挙げられます。

近年ではYoutubeでプログラミング学習について発信している方も数多くいるため、無料で学習することも可能です。

特に資格取得や副業など、軽い気持ちでプログラミング学習を始めてみたい方には、独学で勉強してみるのがおすすめです。

ちっびー
ちっびー

私は独学で、業務を効率化するためのプログラミングスキルや、WordPressの操作スキル、簡単なWebサイトの制作を行うスキルを身に付けました!

結論:まずは独学で勉強してみよう!

結論を述べると、目的が明確でない方は、独学でプログラミングを学習してみるのがおすすめです。

また、エンジニアにとって最も重要なのは、実務経験と実績です。これらは、実際にエンジニアになり、実務経験を積むことによって身に付きます。

そのため、独学でプログラミング学習から、転職活動まで自分でできる方は、プログラミングスクールに通う必要はありません。

ただし、独学が苦手な方や、転職まで保証されたうえで学習したい方は、プログラミングスクールに通うのがおすすめです。

プログラミングスクールのメリット・デメリット

プログラミングスクールのメリットとデメリットが知りたい!

ここでは、プログラミングスクールのメリットとデメリットについて詳しく紹介します。

プログラミングスクールのメリット

ここでは、プログラミングスクールのメリットについて詳しく解説します。

1.講師のサポートがある

独学でプログラミングを勉強する場合、サポートがないため、エラーやバグが発生すると途中で挫折してしまう方も少なくありません。

しかし、プログラミングスクールであれば、講師のサポートを受けながら学習できるため、モチベーションを維持しやすいのが特徴です。

また、転職サポートに力を入れているスクールもあり、自分にあった企業に転職を成功させることもできます。

2.目的達成のための学習に特化できる

プログラミングスクールでは、きちんとしたカリキュラムが構築されています。そのため、目的が明確であれば、それにあわせてコースを設定してもらうことが可能です。

独学の場合、目的からそれて勉強してしまうこともあるため、目的が明確であれば、プログラミングスクールを受講するのがおすすめといえます。

3.実務で役立つスキルを習得できる

プログラミングスクールでは、現役エンジニアが講師を行っているスクールは数多くあります。

ただし、スクールの卒業生が講師を行っているスクールもあるため、事前の無料カウンセリングを利用して確認するのが重要です。

現役エンジニアの方からマンツーマン指導で、プログラミングを勉強すれば、実務で役立つスキルをきちんと習得することができます。

プログラミングスクールのデメリット

ここでは、プログラミングスクールのデメリットについて詳しく紹介します。

1.費用コストが高い

プログラミングスクールは最低でも数十万円以上かかるスクールがほとんどです。ただし、条件を満たしていれば、プログラミング学習から転職まで無料で受講できるスクールもあります。

数多くのスクールの中から、自分にあったスクールを選択するのが大切です。

そのため、複数のスクールを比較したり、無料カウンセリングを活用したりするのが重要といえます。

2.勉強時間の確保が大変なこともある

プログラミングスクールでは、働きながらでも学習できるスクールは数多くあります。

ただし、週に20時間程度は勉強時間を確保しなければならないため、土日などの休みの日を削る必要がある方も多いでしょう。

そのため、プログラミングスクールを受講する目的をきちんと明確化することが大切です。

独学のメリット・デメリット

独学のメリットとデメリットが知りたい!

ここでは、独学でプログラミングを学習するメリットとデメリットについて詳しく紹介します。

独学のメリット

ここでは、独学でプログラミングを学ぶメリットについて詳しく紹介します。

1.費用コストがかからない

独学で勉強する場合、プログラミングスクールと比較して、コストがかからないというのが大きなメリットです。

例えば、この後に紹介する学習サイトであれば、月額1,000円程度で数多くのプログラミング言語を学ぶことができます。

また、Youtube動画や参考書などと併用して学習すると、効率よく勉強することが可能です。

2.自分のペースで学習できる

独学の場合、自分のペースで勉強することができます。そのため、仕事の忙しい時期は、勉強量を少な目にして、仕事の落ち着いているときは、勉強量を多めにするなど工夫して学習可能です。

また、時間や場所を問わず、自由に学習できるのも独学のメリットといえるでしょう。

ただし、近年ではプログラミングスクールでも、オンライン学習ができるため、通勤時間や休み時間を活用して勉強することができます。

3.自走力が身に付く

独学の場合、プログラミングのエラーやバグが発生したときに、自分で対処しなければなりません。

そのときに、Google検索したり、公式サイトを確認したり、本を活用したりと試行錯誤して対処するのが一般的です。

そのため、エンジニアに必要な自走力が身に付くため、転職して問題があっても自分で解決する力が身に付きます。

独学のデメリット

ここでは、独学でプログラミングを勉強するデメリットについて詳しく紹介します。

1.サポートがない

独学のデメリットとして、サポートのないことが挙げられます。そのため、自身で問題へ対処しなければならず、途中で挫折してしまう方も少なくありません。

そのため、独学の苦手な方は、プログラミングスクールの受講を検討しましょう。

2.モチベーションを維持するのが難しい

独学の場合、自分のペースで学習できる反面、強制力がないため、モチベーションを維持するのが難しいというデメリットがあります。

そのため、プログラミングを学ぶ目的を明確にしたり、スケジュールをきちんと管理したりするのが大切です。

3.目的が達成できない可能性がある

独学だと、目的を定めても、逆算するのが難しい場合があります。

例えば、JavaScriptという言語を学んで、動的なWebサイトを作成しようとしても、何から手を付けて良いかわからないことも少なくありません。

そのため、目的が定まっている場合、自分に合うプログラミングスクールを検討してみるのもおすすめです。

おすすめの学習サイトとプログラミングスクールを紹介!

独学とプログラミングスクールのメリットとデメリットは理解できたでしょうか。

ここでは、独学で勉強したい方とプログラミングスクールを受講したい方にあわせて、おすすめの学習サイトとプログラミングスクールを紹介します。

おすすめの学習サイト

ここでは、おすすめの学習サイトについて詳しく紹介します。

ドットインストール

ドットインストールでは、基本的に3分動画で1つのコマを解説しているため、無理なく学習を継続できるのが特徴です。

また、月額料金1,080円と料金が安いのも魅力です。さらに、無料会員でもプログラミングの基礎を勉強することができます。

ドットインストール公式サイトはこちらです。

ちっびー
ちっびー

IT企業に入社する前はドットインストールを活用して勉強していました!

IDEの使い方から丁寧に解説しているため、実務で役立つスキルを身に付けることができます!

Progate

Progateでは、プログラミング環境の構築が不要であり、すぐにプログラミングの学習を開始できます。

また、わかりやすい解説が特徴であり、プログラミングの基礎を身に付けるには最適な学習サイトともいえます。

Progateは、一部コンテンツは無料で使用できます。また、月額1,078円で有料会員になることが可能です。

Progateの公式サイトはこちらです。

Ping-t

Ping-tは、LPIC・LinuC・CCNA・オラクルマスターなど、インフラエンジニア向けの資格対策ができる勉強サイトです。

無料会員でも一部の資格試験の対策ができます。また、有料会員になれば、全ての試験の対策に対応することができます。

有料会員は、1カ月あたり2,400円で使用でき、長期間契約すれば、お得に受講することが可能です。

Ping-tの公式サイトはこちらです。

ちっびー
ちっびー

LPICの資格を取得する際にPing-tを活用しました!

問題数の充実さが特徴です!

PyQ

PyQでは、Pythonというプログラミング言語の基礎から応用まで徹底的に学ぶことができます。

Pythonは、シンプルな文法が特徴で、AIや機械学習など最先端技術に使用されている言語です。

PyQには、ライトプランとスタンダードプランがあり、月額1万円以下で学習することができます。

スタンダードプランでは、チャットサポートが付いてきます。

PyQの公式サイトはこちらです。

おすすめのプログラミングスクール

ここでは、おすすめのプログラミングスクールについて詳しく紹介します。

TECHCAMP

TECHCAMPには、「エンジニア転職」「デザイナー転職」「プログラミング教養」の3つのコースがあります。

エンジニア転職コースであれば、転職保証制度があるため、転職できなかったら、受講料を全額返金してもらうことが可能です。

また、国の給付金制度もあり、条件を満たせば、受講料から70%が返金されて、勉強することができます。

まずは、無料オンライン動画を見て、その後気になったら無料カウンセリングを利用してみましょう。

TECHCAMPのオンライン動画に申し込みはこちらです。

TechAcademy

TechAcademyでは、選考通過率10%の現役エンジニアとマンツーマンで学習できるのが特徴です。

また、オンライン完結であるため、時間や場所を問わず勉強することができます。

さらに、他のプログラミングスクールと比較して、コース数が豊富であるため、自分に合うコースを必ず見つけることが可能です。

無料体験では、HTML・CSS・JavaScriptを自分のペースで学習できるため、ぜひ利用してみてください。

TechAcademyの無料体験や無料カウンセリングの申し込みはこちらです。

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPには、「COMMIT」「PRO」「SKILLS」の3つのコースがあります。

COMMITコースは、転職保証制度や給付金制度があるため、安心して学習することが可能です。

PROコースは、働きながらでも学習しやすいように、オンライン完結のカリキュラムで構成されています。

そして、SKILLSコースは、ITリテラシーを高めるコースとなっています。

DMM WEBCAMPの特徴は、転職後の離職率は1%である点です。

一般的に、IT企業の離職率は20%~30%程度であるため、この数値は驚異であるといえるでしょう。

無料カウンセリングも丁寧と評判が良いため、ぜひ利用してみましょう。

DMM WEBCAMPの無料カウンセリングの申し込みはこちらです。

CodeCamp

CodeCampは、エンジニア転職に特化したコースや、副業に特化したコース、オーダーメイドコースなど、人それぞれにあったコースを用意しているのが特徴です。

また、他のプログラミングスクールと比較して、料金の安さが大きな魅力といえます。

さらに、サポート体制も充実しているため、安心してプログラミンを学習することが可能です。

CodeCampの無料カウンセリングは、勧誘がほとんどないと言われているため、自分に合うコースを探すためにも、ぜひ活用してみましょう。

CodeCampの無料カウンセリングの申し込みはこちらです。

ポテパンキャンプ

ポテパンキャンプは、Webエンジニアを目指したい方におすすめのプログラミングスクールです。

プログラミングスクールの多くは、SES企業やSIer企業などの受託開発企業への転職が多い傾向にあります。

しかし、ポテパンキャンプでは、自社開発企業やベンチャー企業など即戦力となるスキルを身に付けてWebエンジニアになることが可能です。

また、最近では、以前廃止していた転職保証制度が再開され、いつ終了するかわからないため、今が受講するチャンスともいえます。

ポテパンキャンプでは、MacのPCを用意しなければならない点に注意が必要です。

ポテパンキャンプの無料カウンセリングの申し込みはこちらです。

ちっびー
ちっびー

今後本気でエンジニアとして活躍していきたいと考えている方には、ポテパンキャンプは非常におすすめのスクールです!

ITCEアカデミー

ITCEアカデミーでは、受講料無料で、1カ月でエンジニアに転職できるのが特徴です。

転職成功率100%、受講満足度100%という数値を叩きだしているのも魅力といえます。

ただし、一定のスキルのレベルしか身に付かない点には注意しましょう、

しかし、エンジニアは、実務経験を積むことによって、スキルアップできるため、一定のスキルを身に付けてエンジニアになることは悪くないでしょう。

ITCEアカデミーを受講するには、条件があるため、無料カウンセリングで満たしているか、ぜひ確認してみましょう。

ITCEアカデミーの無料カウンセリングの申し込みはこちらです。

自分に合った学習方法でプログラミングを勉強してみよう!

まとめ

これまでに、独学とプログラミングスクールのどちらがおすすめかという観点から解説しました。

独学であれば、コストを安く、自分のペースで学習できるのが特徴です。

一方、プログラミングスクールであれば、サポート体制がしっかりして、目的に合わせてプログラミングをきちんと学習できるのが特徴といえます。

下記がおすすめのプログラミングスクールとなるため、まずは始めの一歩として、無料カウンセリングに申し込みを行い、自己分析を深めてみましょう。

おすすめのプログラミングスクール!

①サポート体制と保証制度のしっかりした「TECHCAMP」

②選考突破率10%の現役エンジニアとマンツーマン指導のできる 「TechAcademy」

③離職率1%の転職に強みのある「DMM WEBCAMP」

④料金の安さとサポート体制に強みのある「CodeCamp」

⑤Webエンジニアを目指せる「ポテパンキャンプ」

⑥受講料無料でIT業界未経験者におすすめな「ITCEアカデミー」

コメント

タイトルとURLをコピーしました