スクレイピングでIPブロックされた!その原因と対策・回避方法を解説!

スクレイピングでIPブロックされた!その原因と対策・回避方法を解説! IT関連講座

近年では、DXの推進やIT技術の発展により、スクレイピング技術を利用する方も増えています。

スクレイピング技術で収集したデータを経営課題の解決などに役立てることで、事業の継続・発展につなげることが可能です。

当記事では、スクレイピングでブロックされる原因を説明したうえで、その対策・回避方法をわかりやすく解説します。

スクレイピング技術を活用としている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

おすすめのプログラミングスクール!

①サポート体制と保証制度のしっかりした「TECHCAMP」

②選考突破率10%の現役エンジニアとマンツーマン指導のできる 「TechAcademy」

③離職率1%の転職に強みのある「DMM WEBCAMP」

④ノーコードスクールの「Swooo BootCamp」

⑤Webエンジニアを目指せる「ポテパンキャンプ」

⑥未経験からフリーランスを目指せる「tech boost」

スクレイピングがブロックされた!その原因とは?

スクレイピングがブロックされた!その原因とは?

Webサイトにアクセスできないのだけど、その理由とは?

スクレイピングしているとブロックされることがあります。

ここでは、スクレイピングがブロックされる理由について詳しく紹介します。

不正アクセスの防止やサーバー負荷の軽減

スクレイピングがブロックされる原因には、Webサイトを運営している側の対策が影響しています。

Webサイトを運営している事業者にとって、不正アクセスにより、社外秘の情報が漏洩してしまうなどのセキュリティリスクを回避することが求められます。

また、スクレイピングによるアクセス数が増えると、サーバーへの負荷が大きくなり、ユーザーがWebページにアクセスできなかったり、アクセス速度が遅くなったりするという恐れがあります。

このように、不正アクセスの防止やサーバー負荷の軽減のために、Webサイトの運営・管理者がスクレイピングをブロックするような仕組みを構築している可能性があります。

Webサイトの安定性・安全性を高めるための仕組み

先述したように、Webサイトの運営・管理者はWebサイトの安定性や安全性を高めるために、スクレイピングによる被害を抑える仕組みを採用しています。

スクレイピングからWebサイトを守る仕組みには、「CAPTCHA(キャプチャ)」「IPアドレスブロック」があります。

なお、CAPTCHAとは「Completely Automated Public Turing test to tell Computers and Humans Apart」の略称であり、画像やテキストを用いて、アクセスするユーザーが人間なのか、コンピュータなのかを判別できる技術のことです。

CAPTCHA技術が使われていると、スクレイピングを実施し情報収集しようとしてもブロックされる可能性があります。

また、HTTPリクエストに対して、IPアドレスの情報を偽造することは困難であるので、Webサイトの安全性を高めるために、IPアドレスをブロックすることはよくあります。

たとえば、Webサイトに同一のIPアドレスでのアクセスが頻繁に行われていると、その情報をキャッチしたうえでIPアドレスブロックを施し、そのIPアドレスではそのWebサイトにアクセスできないようにすることが可能です。

Google検索で「お使いのコンピュータネットワークから通常と異なるトラフィックが検出されました」と表示される原因

Google検索で「お使いのコンピュータ ネットワークから通常と異なるトラフィックが検出されました」と表示された経験のある方は少なくないでしょう。

この原因には、Google検索に搭載されているアルゴリズムによって、不正プログラムを検知していることが挙げられます

たとえば、頻繁に同じWebサイトをアクセスしたり、ブラウザがシークレットモードで使用していたりすると、表示される可能性は高まります。

また、WiFiルーターや端末の故障やトラブルによって、表示されることもあるようです。

スクレイピングがブロックされた場合の対策方法

スクレイピングがブロックされた場合の対策方法

ブロックされたときの対策が知りたい!

ここでは、スクレイピングがブロックされた場合の対策方法について詳しく紹介します。

リクエスト頻度を減らしたり速度を遅くしたりする

短時間に同じWebサイトに高頻度でアクセスを行うと、サーバーに負荷がかかり、きちんと機能しなくなる可能性があります。

そのため、Webサイトの運営・管理者によっては、サーバー負荷を軽減するために、IPアドレスブロックを施し、Webサイトの安定性を高めることがよくあります。

IPアドレスをブロックされないように、リクエスト頻度を減らしたり、リクエスト速度を遅くしたりすることが大切です。

ただし、このような対策を行うと、情報収集の効率が低下してしまう可能性もあるので注意する必要があります。

端末・ルーターの再起動を行う

PC・スマホ・タブレットといった端末やWiFiルーターなどの故障やトラブルにより、スクレイピングがブロックされることもあります。

その場合には、端末やルーターの再起動を行うことで、問題が解決するかもしれません。

また、問題が解消しなかったら、原因は別にあることがわかります。

ユーザーエージェントを変更する

ユーザーエージェントとは、インターネットを利用するユーザーが使用するOSやブラウザを指します。

たとえば、「Android」「iOS」「Windows」「Mac」などが利用者数の多いOSとして挙げられます。

また、「Google Chrome」「Microsoft Edge」「Safari」「Firefox」などがよく使用されるブラウザとして挙げられます。

このようなOSやブラウザを使用して、何度も同一のWebサイトにアクセスすると、ユーザーエージェントの情報がWebサイトの運営・管理者に気付かれる可能性もあります。

Webサイトの運営・管理者は、不正だと感じたユーザーを、ユーザーエージェントの情報でブロックすることが可能です。

スクレイピングがブロックされたら、ユーザーエージェントを変更してみるのも一つの手です。

IPアドレスをローテーションする

先述したように、Webサイトの運営・管理者は、IPアドレスをブロックすることで、スクレイピングを回避することがあります。

また、ユーザーエージェントを変更してみても、スクレイピングのブロックが解除されないことがあるかもしれません。

その場合には、別のIPアドレスに切り替えるなど、IPアドレスをローテーションさせることが推奨されます。

IPアドレスをローテーションすることで、Webサイトの運営側では同一のユーザーではなく、さまざまなユーザーが多数のリクエストを送信しているようにみえます。

スクレイピングのブロック対策・回避には有料プロキシがおすすめ!

スクレイピングのブロック回避には有料プロキシがおすすめ!

ブロック回避におすすめの方法はないのかな?

ここでは、スクレイピングのブロック回避を行ううえで有料プロキシがおすすめの理由について詳しく紹介します。

スクレイピングブロック回避にプロキシが役立つ理由

プロキシを利用することで、IPアドレスのローテーションを行ったり、Webサイトの運営している地域のIPアドレスを利用したりすることができます。

また、プロキシサービスによっては、IPアドレスの情報を非表示にすることが可能です。

なお、レンタルサーバーを利用する方法もありますが、料金が大きくかかることや、ブロックされたIPアドレスが付与されるといったデメリットがあります。

このように、プロキシサービスを活用することで、一度ブロックされたとしても、素早く対策することが可能です。

無料プロキシには危険性がある

無料プロキシを使用する場合、費用が発生しないため、簡単に利用することができます。

しかし、無料プロキシにはあらゆる危険性があります。

たとえば、HTTP通信を採用しており、自分の情報を盗まれ、悪用されることもあります。

また、無料でサービスを提供する場合、不正サイトにアクセスさせたり、ユーザー情報を他社に販売したりすることで利益を出している可能性が考えられます。

利益が出ないと、突然サービスが中止となり、スクレイピングができなくなるという恐れもあります。

さらに、サポート体制が用意されていないサービスもあり、トラブルが起きたときに自分で解決しなければならないこともあるかもしれません。

有料プロキシが推奨される理由

有料プロキシを利用する場合、サポート体制が充実しているというメリットがあります。

スクレイピングが上手く実施できなかったら、専属のサポート担当者に対応してもらえるサービスもあります。

また、豊富な機能が搭載されているので、自社のニーズにあったあらゆる機能を使って、ビジネスに役立てることが可能です。

有料プロキシでは費用が大きいのではと思っている方もいるかもしれませんが、プランが複数あったり、無料トライアル期間が用意されているサービスもあります。

スクレイピングのブロック対策・回避には有料プロキシを活用しよう!

スクレイピングのブロック回避には有料プロキシを活用しよう!

スクレイピングがブロックされた場合には、Webサイトの運営・管理者によって、IPアドレスやユーザーエージェントなどの情報をもとに、アクセスできないように設定された可能性があります。

そこで、プロキシサービスを活用して、IPアドレスをローテーションすることがスクレイピングのブロック対策に役立ちます。

プロキシサービスには無料から有料までさまざまなものがありますが、安心して利用したい場合には有料プロキシを使用するのがおすすめです。

おすすめのプログラミングスクール!

①サポート体制と保証制度のしっかりした「TECHCAMP」

②選考突破率10%の現役エンジニアとマンツーマン指導のできる 「TechAcademy」

③離職率1%の転職に強みのある「DMM WEBCAMP」

④ノーコードスクールの「Swooo BootCamp」

⑤Webエンジニアを目指せる「ポテパンキャンプ」

⑥未経験からフリーランスを目指せる「tech boost」

コメント

タイトルとURLをコピーしました