プロジェクトマネージャーはきつい・つらい?向いている人・やりがい・将来性を解説!

IT関連講座

プロジェクトマネージャーは、システム開発のプロジェクトを成功に導くために重要な役割を担う職種です。

また、プロジェクトマネージャーは、きつい・つらい職種と呼ばれることもあります。

当記事では、プロジェクトマネージャーがきつい・つらいと言われる理由や向いている人、プロジェクトマネージャーのやりがい・将来性について解説します。

プロジェクトマネージャーを目指している方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

プロジェクトマネージャーがきつい・つらいと言われる理由とは?

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーとはどのような職種?

ここでは、プロジェクトマネージャーの仕事内容や、プロジェクトマネージャーがきつい・つらいと言われる理由について詳しく紹介します。

プロジェクトマネージャーの仕事内容

プロジェクトマネージャーとは、PMと略称で呼ばれることもあり、システム開発におけるスケジュール・予算・品質などを管理し、プロジェクトを円滑に進めるためのマネジメントを担う職種のことです。

そのため、実際に手を動かして開発に携わる機会は、他の職種と比べると少なく、主に社内やステークホルダーなどの調整を行います。

プロジェクトマネージャーは、企業や経験・スキルによって異なりますが、1,000万円を超える年収も期待できるため、高年収の職種といえるでしょう。

きつい・つらい理由1:責任が大きい

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの責任を担うため、その責任の重さからきつい・つらいと感じる方は少なくないでしょう。

案件によっては、数十人、数百人規模の人員を管理する必要があり、億単位の金銭が動くプロジェクトもあります。

そのため、自分の判断によって、関係者やコストなどに大きな影響を与えるため、責任が大きい職種といえます。

このように、プロジェクトマネージャーは、責任が大きいため、きつい・つらいと言われることがあります。

きつい・つらい理由2:トラブルが発生する

プロジェクトマネージャーが適切にマネジメントを行っていたとしても、トラブルは発生してしまうものです。

特に、システム開発のプロジェクトであると、システムのエラーやバグにより、予算・納期・品質などに問題が発生するという可能性があります。

トラブルが発生すると、残業・休日出勤する機会が増えたり、社内・社外の関係者に報告を行ったりする必要があります。

場合によっては、プロジェクトマネージャーというポジションでも、現場に出てトラブルシューティングを行うこともあるかもしれません。

このように、プロジェクトマネージャーは、トラブルがつきものであるため、きつい・つらいと言われることがあります。

ちっびー
ちっびー

サーバーを構築作業を行っていたとき、エラーやバグが生じてしまい、スケジュール遅延を起こしてしまった経験があります。

そのときに、調整を行うのがプロジェクトマネージャーです。

そのため、プロジェクトマネージャーは、トラブルが発生すると、思うようにプロジェクトが進められずきつい・つらい思いをすることがあります。

きつい・つらい理由3:孤独感を抱くこともある

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトによっては、一人ですべての管理を担うこともあります。

現場とクライアントの間に入り、調整を行う立場にあり、孤独を感じることもあるかもしれません。

プロジェクトマネージャーに向いている人・やりがい

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーに向いている人って?やりがいも知りたい!

ここでは、プロジェクトマネージャーに向いている人や、プロジェクトマネージャーのやりがいについて詳しく紹介します。

プロジェクトマネージャーのやりがい

プロジェクトマネージャーは、システム開発のあらゆる工程をマネジメントする役割を担います。

一方、テストエンジニアやデータベースエンジニアなどは、自分の専門領域の工程のみを担当することが多く、システム開発のすべての工程に携わることは基本的にありません。

そのため、プロジェクトマネージャーはシステム開発のすべての領域に携わるため、プロジェクトを完遂したときの達成感は非常に大きいです。

また、プロジェクトマネージャーは、社内・社外問わず、多くの方と関わるため、自分だけではなく、後輩などの成長を感じることが可能です。

このように、プロジェクトマネージャーは、責任が大きい分、達成感や成長などのやりがいを感じることができます。

コミュニケーションスキルの高い人

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトを成功に導くために、クライアントやプロジェクトメンバー、社内関係者、下請け会社など、数多くの人と関わる機会があります。

そのため、適切に要望を伝えたり、相手のニーズを汲み取ったりするコミュニケーションスキルが要求されます。また、必要に応じて、コミュニケーションの取り方を変える必要があります。

円滑なコミュニケーションが取れる環境を構築できれば、プロジェクトをスムーズに推進することが可能です。

柔軟な思考や対応力を持っている人

システム開発のプロジェクトには、気を付けていてもトラブルは発生してしまうものです。

そのため、プロジェクトマネージャーには、臨機応変に対応できる、柔軟な思考や対応力が要求されます。

トラブルが発生しても、柔軟に考えられれば、あらゆる対応策が思いつき、落ち着いて対応することが可能です。

責任感の強い人

プロジェクトの責任は、プロジェクトマネージャーが担います。そのため、プロジェクトマネージャーは、責任感を強くもてる人が向いているといえます。

しかし、責任感が強すぎる場合、精神的負担となり、きつい・つらいと感じてしまう恐れがあります。そのため、責任の範囲を明確化するのがおすすめです。

責任感が強く、論理的に考えられるプロジェクトマネージャーは、周りの人から信頼され、プロジェクトを円滑に進行するための手助けとなります。

プロジェクトマネージャーの将来性

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーの需要や将来性について知りたい!

ここでは、プロジェクトマネージャーの需要や今後の展望について詳しく紹介します。

プロジェクトマネージャーの需要

近年では、他社からシステム開発・運用を請け負うSIerだけではなく、自社でシステム開発・運用を行う企業も増えています。

また、プロジェクトマネージャーは、システム開発の領域に限らず、あらゆる業種で必要とされます。

さらに、責任が大きいため、プロジェクトマネージャーは人手不足である傾向にあります。

そのため、プロジェクトマネージャーという職種は、汎用性が高く、需要は高いです。

プロジェクトマネージャーの今後の展望

プロジェクトマネージャーは需要が高く、今後もこの傾向は継続していくと予想されています。今後は、AIの発展により、職種によっては、淘汰されてしまう可能性もありますが、プロジェクトマネージャーという職種は、その可能性が低いです。

ただし、IT技術はトレンドの移り変わりが激しく、マネジメントのやり方に関しても、新しい知識を吸収することが大切です。

例えば、近年では、ウォーターフォール型だけではなく、アジャイル型の開発モデルが普及しています。また、プロジェクト管理ツールも登場しており、プロジェクトにあわせて適切なものを使用するのがおすすめです。

このように、プロジェクトマネージャーは、必要とされるスキルは変わるかもしれませんが、将来性は高いといえます。

プロジェクトマネージャーはきつい・つらい側面もあるがやりがいや将来性のある職種

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーとは、タスク・スケジュール・予算・品質などを管理し、プロジェクトを成功に導くためにマネジメントを担う職種のことです。

スキルのあるプロジェクトマネージャーであれば、高年収も期待できます。

また、プロジェクトマネージャーの需要や汎用性は高く、業界を超えてスキルを活かせるため、将来性も期待できます。

プロジェクトマネージャーになるには、まずは現場を経験するのがおすすめです。そこで、未経験からシステム開発のプロジェクトマネージャーを目指すには、プログラミング経験やITインフラの知識が必要です。

プログラミングスクールを検討したい方は、ぜひ下記の記事を参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました