ネットワークエンジニアの将来性と必要なスキル、転職方法を解説!

IT関連講座

「ネットワークエンジニアとして働いているけど、転職してよりよい環境で働きたい!」

以上のような悩みをもっている方は少なくないのではないでしょうか。

転職したいと思っていても、転職することに不安を抱えていたり、何から手を付けてよいかわからなかったりで、転職に一歩踏み出せていない方も多いでしょう!

当記事はそのような方々のためにネットワークエンジニアの需要と将来性、転職後も活躍するためのスキル、転職方法について解説します!

この記事を読めば、転職後も活躍できるネットワークエンジニアになるためには、どうすればいいのかがわかります!

ネットワークエンジニアの将来性

転職が果たして本当に実現できるのか疑問を感じている方も少なくないでしょう。

ここではまず、ネットワークエンジニアの需要と今後の展望について紹介しましょう!

ネットワークエンジニアの市場価値を知ることで、転職への希望が「どのくらいか」知ることができます。

ネットワークエンジニアの需要

ネットワークエンジニアの需要は減少しつつあるが、一定数の需要はあるといえます!

ネットワークエンジニアの需要が減少している理由は、クラウド技術の発展により、今後はネットワーク機器を外部委託することが増加する場合が予想されるためです。

しかし、IT業界の人手不足は深刻化しているため、ネットワークエンジニアの人材も不足しているのが現状です!

また、IT技術の急激な発展により、ネットワークの設計、構築、障害対応に関するプロジェクト案件は依然として多くあります。

よって、ネットワークエンジニアの需要は一定数はあるといえるでしょう!

ネットワークエンジニアの今後の展望

これまでに、ネットワークエンジニアの需要が一定数あることを紹介しました。では、ネットワークエンジニアの今後の展望についてはどうでしょうか。

ネットワークエンジニアの将来性は充分に高いですが、要求されるスキルが変化しているといえます!

近年、ネットワークのセキュリティやクラウドなどの最先端技術がトレンドとして注目されています!

たとえば、セキュリティが問題で、顧客情が外部に漏れてしまった事例は後を絶ちません。

そのため、今後の展望として、セキュリティやクラウドなど新しい技術に関する知識やスキルをもっているネットワークエンジニアが重宝されていくでしょう!

一方、運用・保守などのマニュアル通りにおこなう仕事の将来性は低くなっていく可能性があります。

今後のネットワークエンジニアに求められるスキル

これまでに説明しましたが、ネットワークエンジニアの需要や将来性はありますが、ネットワークエンジニアに要求されるスキルについては変化が求められています!

ここからは、これからのネットワークエンジニアに特に重要だと思われる必要なスキルを4点紹介しましょう!

  1. セキュリティに関する知識やスキル
  2. 「Bluetooth」や「Zigbee」などの最新の通信スキル
  3. クラウドに関する知識やスキル
  4. プロジェクトマネジメントスキル

セキュリティスキルに関する知識やスキル

近年、「セキュリティエンジニア」という職種があるように、現在の情報化社会ではセキュリティについての意識が高まりつつあります。

たとえば、セキュリティが甘いために顧客の個人情報の流出などの事例が多発しています!

さらに、これまでは無差別型の攻撃が主でしたが、最近ではターゲットを絞った標的型攻撃といわれる攻撃手法に変わってきている現状もあります!

ネットワークとセキュリティの関連性は非常に深いため、高度なセキュリティ技術をもつネットワークエンジニアは重宝されるでしょう

なお、セキュリティ技術は日々刻々と変化していくため、知識やスキルのアップデートは欠かさないようにしましょう!

「Bluetooth」や「Zigbee」などの最新の通信スキル

近年、IoT技術の拡大にともない、インターネットだけでなく、「Bluetooth」や「Zigbee」などほかの通信手段が使われることも増えてきました。

そこで、新しい通信に関する知識やスキルをもち、ネットワークシステムの企画や提案ができるエンジニアの需要が増加しています!

「IoT」では多くの情報を収集することはできますが、通信が届く距離や、通信できる量などを設計する必要があります。

たとえば、無線技術を活用した広告の配信サービスなど、これまでとは異なった場面でネットワークエンジニアの活躍が期待されるでしょう!

そのため、「Bluetooth」や「Zigbee」など新しい通信に関する知識や技術を磨いていくことも重要といえるでしょう

クラウドに関する知識やスキル

ネットワークエンジニアとしてオンプレミス環境に関する知識やスキルを身に付けることは必須です。なお、オンプレミスとは、自社で情報システムを保有し、自社の設備によって運用することを指します!

近年、クラウド化に関する知識やスキルがネットワークエンジニアにも求められています。理由はクラウドサービスを利用する企業が急激に増えているためです。

クラウドとは、インターネットなどのネットワークを経由して接続できるサービスのことを指します!

クラウド環境を利用してネットワークを構築する場合、プロバイダーが独自に提供しているクラウドサービスを扱うことができる知識やスキルが必要です。

たとえば、有名なクラウドサービスの1つに「AWS」があります。なお、「AWS」とは、「Amazon Web Services 」の略称で、「Amazon社」が提供しているクラウドサービスのことです。

クラウドに関する知識や技術を身に付けることでネットワークエンジニアとしての市場価値を高めることができるでしょう!

プロジェクトマネジメントスキル

プロジェクトにおけるマネジメントスキルを身に付けることも、ネットワークエンジニアとしてキャリアアップする上で必要なスキルです。

プロジェクトマネージャーはネットワーク案件だけでなく、業種を超えて幅広い案件で活躍することができるでしょう。

プロジェクトマネージャーはプロジェクトの全体を統括し、プロジェクト目的を達成できるよう管理することが求められます。

また、プロジェクトにおける品質やコスト、スケジュールなどに多大な責任をもっています。

プロジェクトマネージャーを目指すには、問題解決力、コミュニケーション力などのヒューマンスキルも身に付けていくことが大切です!

ネットワークエンジニアが転職する際におすすめな3つの資格

ネットワークエンジニアが転職する際に取得すべきおすすめな資格として下記の3点が挙げられます。

  • CCNA(Cisco Certified Network Associate)
  • ネットワークスペシャリスト試験
  • 情報処理安全確保支援士試験

それぞれについて紹介しましょう!

なお、「基本情報技術者試験」、「応用情報技術者試験」の資格を取得していない方はまずそれらの資格取得をおすすめします。

CCNA

「CCNA(Cisco Certified Network Associate)」は、シスコシステムズ社が開催しているネットワークエンジニアのスキルを認定する試験の1つです。

シスコシステムズ社は、ネットワーク関連製品を販売している世界最大手のネットワーク機器メーカーであり、「CCNA」の資格は世界共通基準の規格といえます!

CCNAは世界に通用する資格であるため、資格を取得することでネットワークエンジニアとしての基本的な知識やスキルが備わっていることを証明できるでしょう

ネットワークスペシャリスト試験

ネットワークスペシャリスト試験とは、「IPA(独立行政法人情報処理推進機構)」が主催している国家試験のことであり、比較的難易度は高い試験です。

ネットワークスペシャリスト試験の資格を取得すると、ネットワークシステムの企画から設計、開発、保守・運用までの知識やスキルを充分に身に付けていることを証明できるでしょう

また、ネットワークスペシャリストの資格をを応募条件としている企業は多くみかけられます!

ネットワークスペシャリストの資格をもつ方は、ネットワークについて幅広く、深い知識があるので、即戦力として活躍してくれることを期待できるためです!

情報処理安全確保支援士試験

情報処理安全確保支援士試験とは、情報セキュリティスペシャリストに代わって、2017年より実施されています。セキュリティに関する資格のなかでは最難関といわれ、難易度が高い資格の1つです!

情報処理安全確保支援士試験の資格を取得すると、サイバーセキュリティに関する専門的なスキルをもっていることを証明できるでしょう!

これまでにも説明しましたがように、セキュリティは近年のトレンド技術です!

そのため、情報処理安全確保支援士試験の資格を取得することで、ネットワークエンジニアとしての市場価値を高めることも期待できるでしょう。

ネットワークエンジニアにおすすめの転職先

これまでにネットワークエンジニアの将来性や、今後求められるスキルを紹介してきました。ここからは、ネットワークエンジニアが活躍しやすい転職先を2つ紹介しましょう!

  1. 大規模案件に携わるのを目指す!
  2. 社内SEを目指す!

大規模案件に関わるのを目指す!

大規模案件の場合、ネットワークエンジニアは、大量の人員が必要となるため、需要は非常にあります!

たとえば、大手銀行会社の案件では、大手SIer企業が案件を受注し、サーバーやネットワーク設計を担当します。

ただし、大手SIer企業より、各中小企業や零細企業などの下請け業者に具体的な作業を発注するというように、「ITゼネコン」と呼ばれる多重下請け構造の問題点はあります。

しかし、大規模案件の場合、需要は安定しているため、着実にタスクをこなすことができる方や安定志向の方にはおすすめな転職先といえるでしょう!

SIer企業の問題点については下記の記事が参考になるでしょう!

社内SEを目指す!

もう1つは、社内SEとしてインフラエンジニアに転職することが挙げられます。

つまり、SIer企業で働くのではなく、事業会社などの情報システム部門の一員として働く環境へ転職するということです!

社内SEは新たなイノベーションを起こす可能性を秘めており、花形の仕事ともいわれる側面もあります。

また、納期が比較的緩い、残業が少ないなど「ホワイト」といわれるような労働環境の場合も多いことがよくあります。

ただし、社内SEは売上に直接的に貢献する部門ではないため、人事部や経理部などのようにコスト部門といわれることもあり、社内の評価が低い場合もあることには注意しましょう。

新しいイノベーションを起こしたいと考えている方や、よりよい労働環境の場で働きたい方には社内SEはおすすめな転職先といえるでしょう!

転職する際の注意点と転職する際の流れ

ここからは実際に転職する際の注意点と転職の流れについて紹介しましょう。

  1. 転職する際の注意点
  2. 転職する際の流れ

転職する際の注意点

転職する際の注意点として、特に重要だと思われる下記の4点を挙げます!

  • 転職回数が多いと不利になる可能性がある
  • 転職先の企業分析を徹底しておこなう
  • 在職中に転職先を決める
  • 実力以上のスキルが必要な求人を選ばない

特に転職を何度もおこなう場合は、採用ではマイナス評価を受ける可能性があるので注意しましょう。理由は、企業が正社員を採用する場合、大きな人材への投資をすることから、リスクが大きいためです!

たとえば、正社員として10年で3社の転職をおこなったとしましょう。

さまざまなプロジェクト案件に携わり、ネットワークエンジニアとして充分なスキルを習得しているかもしれません。

しかし採用側にとっては、採用することに対して敬遠する可能性もあります。採用側は、「また3年程度で退職されてしまうかもしれない」と考えてしまうためです。

一方、ネットワークエンジニアとして高度なスキルを身に付けている場合、即戦力を求めている会社では、喉から手が出るほど欲しい人材となる可能性も秘めています!

よって、事前に企業分析を徹底しておこなうことが重要だといえるでしょう!

転職する際の流れ

転職をおこなう場合の流れは、原則として下記のように進んでいく場合が多いでしょう。

  • 事前準備
  • 求人へ応募
  • 面接
  • 内定

まず事前準備をおこない、応募する企業を絞りましょう。次に面接対策を実施します。そこで重要なのが、「転職理由」と「志望理由」です。

ここからは、転職する際の流れの「事前準備」と「面接対策」について詳しく説明しましょう。

事前準備

ここでは、事前準備について説明します。事前準備では下記の3つがよく挙げられます。

  • 職務経歴の整理
  • 自己分析と企業分析
  • キャリアプランについての検討

まず「職務経歴」について整理しましょう。企業へのアピールポイントとして重要な材料となり得ます。

次に、「自己分析」と「企業分析」をおこないます。自己理解において重要なのが、「自分の市場価値を正確に理解すること」です。

たとえば、身の丈に合っていない求人に応募しても内定をもらえることはできないでしょう。

企業分析では、多くの企業を比較できるように、複数の転職サイトを利用することがおすすめです。ここでは、より多くの企業情報を集めることが重要でしょう。

最後に、キャリアプランの検討する目的は「将来の自分の姿」をイメージすることで、応募する求人について絞り込むことができるためです。

面接対策

事前準備をおこない、求人に応募までできたら、面接対策を実施します。面接官が確認したいのは下記の2点に集約されるでしょう!

  • 応募者が転職した後、活躍してくれそうか?
  • 応募者が入社した後にすぐに辞めてしまわないか?

ここでは面接でよく聞かれる事項である「転職理由」と「志望理由」について紹介しましょう!

転職理由

転職理由を質問された場合、どのように回答すればいいのでしょうか。上手に答えるためのポイントとして、特に重要だと思われる3つ紹介します!

  • 先に言わないことを決めておく!
  • 働く理由とキャリアプランに一貫性をもたせる!
  • ポジティブな姿勢で臨む!

まず、先に言わないことを決めておきましょう。会社を辞める理由をすべて打ち明ける必要はありません!

転職理由を述べるときは、応募した企業への転職した場合に解決されることに絞ってして説明しましょう!

次に、働く理由とキャリアプランに一貫性をもたせることは重要です。理由として、転職の目的は、自分が理想とするキャリアプランと働いている現状とのズレを埋めるための手段だからです!

最後に、ポジティブな姿勢で面接に臨むことも重要です。転職理由を話す際には、自身の足りない点を伝えないといけない場合も少なくありません。

そのため面接官に対して、できる限り自信をもって入社への意欲や熱意があることを説明しましょう!

志望理由

志望理由を聞かれた場合に、上手に回答するポイントについて、特に重要だと思われる2点を紹介しましょう!

  • 結論をまず伝える!
  • 入社したい意志や熱意を積極的に言葉にする!

志望理由をわかりやすく説明するためには、ロジカルな構成が重要です。これは志望理由に限った話ではありません。そのため、まず結論を先に伝えるという方法が有用でしょう!

たとえば、結論が見えないままだと、面接官に対して「何が言いたいのかわからない」という印象を思われてしまう可能性もあるでしょう。

論理的にわかりやすく伝えることができた後、面接官の評価や採用の可否を判断するのは「入社したい」という意志や熱意でしょう。

面接の場合、合格基準に達したら、能力よりも入社したい意志や熱意が大きい方が選ばれる傾向があります!

転職エージェントを活用しよう!

近年、転職する方の数も増加しており、転職エージェントの数も豊富にあります。これまでに転職エージェントを利用したことがない方の場合、「どの転職エージェントを選んだら良いか?」と悩むことも多いでしょう。

ここでは、ネットワークエンジニアからキャリアアップする上で転職したい人におすすめのエージェントを2社紹介しましょう。

転職エージェントはそれぞれ保有している求人数や種類が異なるため、気になるエージェントはすべて登録しておくのがおすすめです。

理由は、多くの企業を比較できることや、どの転職エージェントが自分に合っているか確かめることができることからです。

これから紹介する2社は無料で利用できますし、登録は3分ほどで簡単に完了します!

ぜひ多くのエージェントから転職における情報収集をおこない、転職を成功させましょう!

年収アップしたいなら「レバテックキャリア」

レバテックキャリア」は、IT・Web業界専門の転職エージェントサービスです。

エンジニアの技術と市場を知り尽くしたアドバイザーが転職のサポートしてくれるため、エンジニアのキャリアに関してはどこよりも詳しい自信をもっている転職エージェントといえるでしょう!

また、個人それぞれに合ったキャリアプランに対応してくれるため、これからネットワークエンジニアとしてキャリアアップを目指す方におすすめです!

\3分で無料登録

ITエンジニアに特化した転職支援サービス「IT求人ナビ転職」

IT求人ナビ転職」は、ITエンジニアに特化した転職支援サービスです。

ITエンジニアの支援実績が13年と長いため、安定感のあるサポートが特徴です。業界歴が長いことから多くの転職成功者の実績があります!

また、豊富な求人数をもっている業界に特化したキャリアコーディネーターが休職者の相談に親身に寄り添ってくれるため、転職が初めての場合でも安心でしょう!

3分で無料登録

ネットワークエンジニアの市場価値を把握し転職を成功させよう!

ネットワークエンジニアの転職における市場価値は高いです!

しかし、今後ネットワークエンジニアに必要な知識やスキルには変化が求められています。特に、近年トレンドであるセキュリティ技術やクラウド化技術の知識やスキルはぜひこの機会に押さえておきましょう。

今後のネットワークエンジニアに特に重要だと思われるスキルとして、下記の4点が挙げられます。

  1. セキュリティに関する知識やスキル
  2. 「Bluetooth」や「Zigbee」などの最新の通信スキル
  3. クラウドに関する知識やスキル
  4. プロジェクトマネジメントスキル

また、転職エージェントを利用することで、サポートを受けることができ、転職の成功率を上げることができるでしょう!

これからネットワークエンジニアから転職を考えている方は、ぜひ当記事を参考にして転職活動を成功させましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました