エンジニアがリモートで働くメリット・デメリット・求人の探し方・方法を解説!

エンジニアがリモートで働くメリット・デメリット・求人の探し方・方法を解説! IT関連講座

近年では、IT技術の発展や働き方改革の影響、新型コロナウイルス感染症の蔓延などにより、リモート(テレワーク)で働ける環境が整備されつつあります。

これにより、リモートで働くエンジニアは増加しています。

当記事では、リモートで働くエンジニアの実態やメリット・デメリット、リモートで働くエンジニアになるための求人の探し方・方法についてわかりやすく解説します。

リモートで働きたいと考えているエンジニアの方や、未経験からリモートワークエンジニアを目指している方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

おすすめのプログラミングスクール!

①サポート体制と保証制度のしっかりした「TECHCAMP」

②選考突破率10%の現役エンジニアとマンツーマン指導のできる 「TechAcademy」

③離職率1%の転職に強みのある「DMM WEBCAMP」

④ノーコードスクールの「Swooo BootCamp」

⑤Webエンジニアを目指せる「ポテパンキャンプ」

⑥未経験からフリーランスを目指せる「tech boost」

リモートで働くエンジニアの実態

リモートで働くエンジニアの実態

リモートで働くエンジニアの実態について知りたい!

世界中でリモートワークの需要が高まっており、日本も例外ではありません。

ここでは、リモートで働いているエンジニアの働き方について詳しく紹介します。

リモートで働くエンジニアの働き方

リモートワークとは、「remote(遠隔地)」と「work(働き方)」を組み合わせた造語のことです。なお、リモートワークとに似た用語に、テレワークがありますが、ほとんど同義で用いられます。

リモートで働くエンジニア(リモートワークエンジニア)とは、正社員・契約社員・派遣社員・フリーランスなど、さまざまな形態で、業務を自宅やカフェなど、オフィスに出社せずに働くエンジニアのことを指します。

特に、プログラマーなどのIT系のエンジニアや、事務系の職種など、オフィスに出社せずとも、業務に支障が出ない職種に対して、リモートワーク(テレワーク)を取り入れる企業は増えています。

リモートワークでは、パソコンやスマホといった端末とネット環境があれば、時間や場所を問わず働くことが可能です。

リモートで働くエンジニアのメリット・利点

リモートで働くエンジニアのメリット

リモートで働くエンジニアのメリットや利点について知りたい!

ここでは、リモートで働くエンジニアのメリット・利点について詳しく紹介します。

通勤の時間を削減できる

リモートワークで働くことで、通勤の必要がなります。

通勤がなくなったことによる空いた時間を家族やパートナー、友人などに充てたり、自己研磨に費やしたりすることで、時間を有効活用し、ワークライフバランスを実現することが可能です。

また、通勤によるストレスもなくなるので、仕事に対するモチベーションの向上にもつながります。

自由な場所で働ける

リモートワークには、自宅で働く「在宅勤務」や移動中に働く「モバイルワーク」、コワーキングスペース・サテライトオフィスを利用する「施設利用型勤務」などの形態があります。

また、働きながら休暇を取る「ワーケーション」、実家に戻って働く「ふるさとワーク」といった働き方も注目されています。

このように、自分の好きな場所で働けることで、業務生産性の向上やワークライフバランスの実現などのメリット・利点が得られます。

人間関係のストレスの軽減

オフィスに出社する場合、上司や同僚などと直接対面で顔を合わせる必要があります。

休憩時間に話しかけられたり、仕事終わりに飲み会に誘われたりするなど、人によっては自分の時間を他人に費やしてしまい疲弊してしまうかもしれません。

リモートで働くことで、自分の時間を多くもてるようになるため、職場の人間関係のストレスを軽減することができます。

リモートで働くエンジニアのデメリット・問題点

リモートで働くエンジニアのデメリットや問題点について知りたい!

ここでは、リモートで働くエンジニアのデメリット・問題点について詳しく紹介します。

コミュニケーションのミスが増える可能性がある

エンジニアの仕事は、チームで行うことが多いため、コミュニケーションの重要性が高いです。

たとえば、コミュニケーションにおいて認識齟齬があると、システムに欠陥が生じたり、スケジュール通りにプロジェクトを進められなかったりする場合もあるかもしれません。

近年ではWeb会議システムやチャットツールなどのITツールが発展していますが、リモートの場合、直接対面でコミュニケーションを取る場合と比べて、情報共有のスピードが落ちるなどのデメリット・問題点があります。

コミュニケーションの問題点を解消するためには、ITツールの使用方法を工夫したり、チームでコミュニケーションに関するルール・規則を作成したりするのがおすすめです。

不安感や孤独感を抱きやすい

リモートで働く場合、オフィスに出社する場合と比べて、直接対面で人と話す機会が減るため、不安感や孤独感を抱きやすいというデメリット・問題点があります。

たとえば、一人暮らしで在宅ワークを取り入れている場合、一日に誰とも会話しないこともあるかもしれません。

不安感や孤独感が増すと、うつ病や不安症などの健康への悪影響や仕事に対するモチベーションの低下につながる可能性があります。

このような問題を解消するためには、ITツールを活用するのがおすすめです。

Web会議システムを常に繋ぎいつでも会話できるようにしたり、チャットツールで雑談を行ったりすることで、不安感や孤独感を減らすことに役立てることができます。

ちっびー
ちっびー

コロナウイルス感染症の蔓延した時期に就職しましたが、研修期間3カ月すべて在宅勤務であったため、仕事に慣れず、不安感や孤独感でいっぱいだった経験があります。

仕事とプライベートの切り替えが難しい

オフィスに出社するメリットとして、仕事とプライベートの境界線を明確にできることが挙げられます。

在宅勤務などのリモートで働く場合、周囲にあらゆる誘惑があり、仕事へのモチベーションが出ず、生産性が下がってしまう恐れもあります。

仕事とプライベートの切り替えが上手くできるように、タスクやスケジュールを明確にすることが大切です。

ちっびー
ちっびー

在宅勤務をしていると、仕事のやる気が起きず、思ったような進捗がでないこともよくあります。

そこで、図書館やカフェなど環境を変えてみるのもおすすめです!

リモートで働くエンジニアになるための求人選びのポイント

リモートで働くエンジニアになるための求人選びのポイント

リモートで働くエンジニアになるための準備について知りたい!

ここでは、リモートで働くエンジニアになるための求人選びのポイントについて詳しく紹介します。

安定と自由のどちらを重視するかを明確にする

エンジニアとして働く場合、大手企業や中小企業、ベンチャー企業、スタートアップ企業、フリーランスなど、さまざまな働き方の中から選ぶことができます。

しかし、それぞれの働き方にはメリットとデメリットがあります。

大手企業で働く場合は、福利厚生や給料が充実しており、安定して働くことが可能です。

ただし、会社の規則が厳しく定められており、自身の希望を叶えるのが難しいこともあります。

一方、ベンチャー企業やスタートアップ企業などの場合、自分の裁量で仕事を進めることが可能です。そのため、希望すればリモートで働くことができるかもしれません。

しかし、場合によっては、経営が上手くいかず給料が安定しなかったり、実績を出さなければ職場に居づらくなったりする可能性もあります。

このように、安定と自由のどちらを求めるかで、求人選びは変わってきます。

ちっびー
ちっびー

システムエンジニアとして大手SIer企業に勤めた経験がありますが、リモートで働くことはできましたが、上司の意向が重視され、出社する機会が多くありました。

フルリモートワークを採用しているかを確認する

フルリモートワークとは、オフィスに出社することなく、リモート完結で働くことを指します。

多くの企業では、オフィス出社とリモートワークの両方を使い分ける「ハイブリットリモートワーク」が採用されています。

リモートで働きたいと思って転職を行ってみても、出社が求められ、自分の希望した働き方ができない可能性もあります。

リモート完結で働きたい場合には、事前にフルリモートワークを採用しているかを募集要項などから確認しましょう。

リモートで働きやすい環境が整備されている求人を選ぶ

エンジニアがリモートで働く場合、PC・スマホといった端末やネット環境を整備する必要があります。

また、コミュニケーションをスムーズに取るために、Webカメラやマイク、イヤホンといった周辺機器を用意することが大切です。

そこで、在宅勤務手当などリモートワークを推進する制度があると、リモートで働きやすいと考えられます。

このように、快適にリモートで仕事を行うためには、働きやすい環境が整備されている求人を選ぶことが重要といえます。

リモートで働くエンジニアになるための方法

リモートで働くエンジニアになるための方法

リモートで働くエンジニアになるための方法について知りたい!

ここでは、リモートで働くエンジニアになるための方法について詳しく紹介します。

リモートで働ける求人が豊富なサービスを利用する

近年では、転職市場が大きくなっていることもあり、さまざまな求人探しができるサービスがあります。

リモートで働ける会社を探す場合、求人数の多さも重要ですが、エンジニアや在宅ワークに特化しているサービスを利用することが推奨されます。

クラウドソーシングサービスを活用する

副業やフリーランスとしてリモートで働こうと考えている方は、クラウドソーシングサービスを利用してみるのがおすすめです。

クラウドソーシングサービスの例として、クラウドワークスやランサーズ、ココナラなどが挙げられます。

クラウドソーシングサービスは、簡単に仕事を始められるメリットがありますが、手数料の高さがデメリットです。

また、悪質な案件も多いため、利用する際は十分注意しましょう。

ちっびー
ちっびー

クラウドワークス・ランサーズで簡単な案件にチャレンジしてスキルを伸ばすのもおすすめです!

現職でリモートワークを採用できるか交渉してみる

副業や転職などに抵抗があるけれど、リモートで働きたいという方もいるかもしれません。

その場合には、現職でリモートワークを利用できるかを交渉してみるのがおすすめです。

DX推進への注目からエンジニア需要は高まっている一方で、エンジニア不足は加速しています。

そのため、優秀なエンジニアの流出は、企業にとって大きな痛手といえます。

まずは、リモートで働けるかどうかを今の会社に相談してみたうえで、転職を検討してみるのも一つの手です。

リモートワークに限らず自分にあった働き方を選ぼう!

リモートワークに限らず自分にあった働き方を選ぼう!

近年ではビジネス環境の変化から、多様な働き方が推進されています。

エンジニアがリモートで働くことで、ワークライフバランスの実現やストレスの解消、業務効率の向上といったメリット・利点があります。

一方、リモートワークでは、コミュニケーションや仕事とプライベートの切り替えなどに難しさがあります。

リモートワークに限らず、視野を広げて自分にあった働き方を探すことが大切です。

おすすめのプログラミングスクール!

①サポート体制と保証制度のしっかりした「TECHCAMP」

②選考突破率10%の現役エンジニアとマンツーマン指導のできる 「TechAcademy」

③離職率1%の転職に強みのある「DMM WEBCAMP」

④ノーコードスクールの「Swooo BootCamp」

⑤Webエンジニアを目指せる「ポテパンキャンプ」

⑥未経験からフリーランスを目指せる「tech boost」

コメント

タイトルとURLをコピーしました