【勉強になる!】合同会社ファストチェンジの松井颯人さんのSEOセミナーを受けてみて!

副業講座

「Webライターやブログの収益をあげたい!」
「Googleの検索順位を上げるためにSEOに関する知識を深めたい!」

そんな興味をもっている方は多いのではないでしょうか?

当記事では、合同会社ファストチェンジの会社の代表である「松井颯人」さんのSEOセミナーを受けてみたことについて紹介します!

松井さんは月間10万PV以上を誇るサイトを作り上げた実績をもっている方なので、今回のSEOセミナーについてはサイトを作成する上で非常に勉強になりました!

この記事を読むことで、ブログやアフィリエイト、Webライターとして今後活躍していくために役立つ情報を手に入れることができます!

合同ファストチェンジの会社については以下のサイトを参照ください!

合同会社ファストチェンジ |

SEOセミナーに参加した理由を解説!

画像4

簡単にですが、ここではわたしが松井さんのSEOに関するセミナーに参加した理由を説明しましょう!

私は副業として、「ブロガー」「Webライター」として活動しています!

実績としてはブログ収益は月3000円程度。Webライターは月10~15万程度(文字単価は1.0円から1.5円)です。

SEOについて詳しい内容はこの後説明しますが、SEOの知識を身に付けることでブロガーとしても、Webライターとしてもスキルアップし、収益を伸ばせると感じたため、セミナーに参加しました!

たとえば、SEOのスキルをもっているとブログのアクセス数の増加が期待できます!

次に、SEOスキルは、Webライターとして身に付けることで重宝される人材になることができるでしょう!

そもそも「SEO」とは?

画像1

「SEO」とは、「Search Engine Optimization」の頭文字をとったもので、日本語に訳すと「検索エンジン最適化」といいます。

つまり、SEOとは、「Google」や「Yahoo」などの検索エンジンといわれるサイトに訪れる方を増やすことで、自分のWebサイトなどの成果を上げるためのシステムです!

したがって、「KW」と呼ばれる特定のキーワードで検索し、自分のWebサイトページを限りなく上位に表示させるように、サイトの構成などを工夫します!

この「SEO」について松井颯人さんのセミナーを通して実際に学んだことを次の見出しから紹介しましょう。有益な情報なのでぜひ参考ください!

SEOセミナーを通して学んだスキルについて紹介!

画像2

セミナーに参加した感想を一言でいいますと、SEOについての理解が深まり非常に勉強になりました。なにより希少性のあるセミナーと感じました!

論理的かる丁寧で、根拠や例もきちんと含めているため、自分が納得できるセミナーでした!

ここからは、実際にセミナーを通して学んだことを順番に説明していきます!

1.SEO記事を書く上での前提
2.検索意図を把握する
3.記事のタイトルを定める
4.見出し・構成を決める
5.内容について再度チェックする

では、それぞれについて解説していきます!

1.SEO記事を書く上での前提

まず、SEO記事を作成する上で最も前提としてあるのが、「自分の好きなように記事を書く」のではなく、「ユーザーの悩みを解決するようにユーザーへ寄り添った記事を書く」ことが大切です!

たとえば、見出しの下に画像を入れてみることもユーザーへ配慮した記事になるでしょう!

そして、「ライバル」よりも詳しい記事を書くことが重要です。ありふれた記事を書いても評価はされません!

2.検索意図を把握する

実際に「Googleの検索エンジン」で指定したキーワードで検索をおこない、上位1位から5位(10位ぐらい)までのライバルの記事をチェックすることが大事です!

そして、ライバルの記事や見出しを抽出し、オリジナリティを加えることでよい記事になるでしょう!

また、Googleの検索結果の一番下に表示される「関連キーワード」をチェックすることで、「ユーザーが知りたい情報」について深く知ることができるます。さらに、指定したキーワードで3語以上のものがある場合は要チェックです!

3.記事のタイトルを定める

まず、タイトルの文字数は32字以内に抑えることが大切です。理由は、Googleの検索結果で表示されるタイトルの文字数は32字までのためです!

次に、指定されたキーワードをタイトルに含めることでGoogleに評価されやすい記事となるでしょう。また、なるべく左詰めでキーワードを含めることもおすすめです。理由としては、人は左から文字を読む癖があるためです!

さらに、クリックしたくなるようなワードを含めることができるとよりよいタイトルになるでしょう!

たとえば、数字を含めたり、「危険」などの注意を引くようなワードを入れたりです。

4.見出し・構成を決めて執筆をはじめる

検索意図を把握したことをもとに見出しを決めていきます。ここで、「ユーザーが知りたい内容を見出しにする」「順番はユーザーが知りたい内容の順番にする」ことが重要です!

たとえば、ユーザーが知りたくない情報を上にもってくるとどうでしょうか?ユーザーは知りたい情報をいち早く見つけたいですよね!

次に、導入文(一番最初に書く文章)は短く簡潔にしましょう。理由は、ユーザーは導入文では「どんなことを書いているのか?」について知りたいからです!

これまでにも説明しましたが、見出しにはライバルが含めていないないような内容も含めることで記事の差別化となるでしょう。さらに、自分の経験談も少し加えることもよりよい記事にするためにおすすめです!

5.内容について再度チェックする

内容についてチェックするポイントは以下の5点です!

1.ライバルの記事を再度チェック!
2.オリジナリティが含まれているか?
3.単に文字数稼ぎの文章は含まれていないか?
4.ユーザーが求めている記事になっているか?
5.コピペをしていないか?適切な画像(フリー素材)を取り入れているか?

繰り返し述べますが、ライバルの記事より有益な記事を書かないと、検索結果の上位に出力されません。そのためにオリジナリティは必ず含めましょう!

また、ユーザーが求めていないような文字数稼ぎの文章などは排除しましょう。これでは自分が満足するための記事になってしまいます!

画像を探している方には、「pixabay」などがおすすめです!他にもたくさんのフリー画像サイトはあります。ぜひ自分に合った画像サイトを選びましょう!

Attention Required! | Cloudflare

また、画像を加工するには「Canva」がおすすめです!

Attention Required! | Cloudflare

SEOセミナーを受けたあとの行動が重要!

画像3

ここで解説した「SEOセミナー」の内容は、記事作成をおこなっている法人などが実際に実施している方法です!

そのため、個人でブログやアフィリエイト、クラウドワークスのWebライターの案件をとる際に非常に有益な情報といえるでしょう!

私も、このセミナーに参加してから「SEOについて知識がある!」と自己紹介に含めました。そうすると、クラウドワークスなどの案件受注率が上がり、高単価の案件をいただけるようになりました!!

記事や動画をみてインプットをするだけでは効果はありません。実際にインプットした情報をもとに行動に移しましょう!!

最後に注意点をもう一度紹介しましょう!

check

1.ライバルの記事を再度チェック!
2.オリジナリティが含まれているか?
3.単に文字数稼ぎの文章は含まれていないか?
4.ユーザーが求めている記事になっているか?
5.コピペをしていないか?適切な画像(フリー素材)を取り入れているか?

私の好きな名言を紹介して締めましょう!

スティーブ・ジョブズの言葉です!
「自分の心と直感に従う、勇気を持ちなさい」

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました