DX【デジタルトランスフォーメーション】とは?DXportalを紹介!

IT関連講座

近年では、世界的に「DX」という概念が広まりつつあります。しかし、日本の企業の経営者や担当者におけるDXに関する認知度は海外と比較して低く、DXの概念の浸透が遅れているともいわれています。

当記事では、DXの概念とMU社が運営しているDXportalについて詳しく解説します。

この記事を読むことで、DXに関する知識を深められるとともに、DXportalがどのようなものか理解することができるでしょう。

DXについて知らない方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

DXとは?

そもそもDXとは?

DXとは、「Digital Transformation」の略称であり、デジタルトランスフォーメーションと呼ばれることも多いです。

また、DXとは、急成長を遂げているIT技術を世の中に浸透させることで、人々の生活をより良い方向へと変革させる概念を指します。

馴染みのない概念なため、理解するのが難しいと感じる方も少なくありません。例えば、ライブやコンサートのチケットをオンライン購入できる仕組みや、銀行口座の開設から取引までPC・スマホでできる仕組みなどがDXの一例といえます。

ちっびー
ちっびー

私はこれまでにIT業界のSIer企業に所属した経験がありますが、「デジタルトランスフォーメーション」を推進している事業部などもありました!

そのため、近年では企業の部署にもなるほど、注目されている概念といえるでしょう!

ここでは、DXの定義について詳しく解説します。

DXの定義

ここでは、DXの定義について2種類紹介します。

経済産業省に基づく定義

経済産業省が公表している資料(※1)に基づくと、DXは下記のように定義されています。

「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。」

※1 参考:「DX 推進指標」とそのガイダンス|経済産業省
https://www.meti.go.jp/press/2019/07/20190731003/20190731003-1.pdf

デジタルトランスフォーメーション

デジタルトランスフォーメーションは、2004年にスウェーデンのウメオ大学教授の1人であるエリック・ストルターマン氏が提唱したとされています。

下記のようにDXは定義されています。

「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させること」

DXportalとは?

DXportalとは?

DXportalは、MU社が運営しているポータルサイトのことです。下記がWebサイトのトップページになります。

DXportal
DXportalでは、DX(デジタルトランスフォーメーション)実現に向けた、課題や事例を掲載します。デジタル化を推進するための情報ポータルとしてご活用いたければと思います。株式会社MUが運営するポータル「DXportal」売上改善、業務フロー改善など様々なフェーズでのDX(デジタルトランスフォーメーション)に。

ここでは、DXportalの詳細について詳しく紹介します。

Dxportalの目的

先述したように、近年ではDX(デジタルトランスフォーメーション)という用語が、浸透し始めていますが、抽象的で、理解するのが難しいが概念でもあります。

そのため、日本は海外と比較して、DXの認知度が低いという現状があります。

そこでDXportalでは、「ミッション」として下記の3つを掲げています。

  1. DXの普及と認知向上に務めること
  2. DXという概念を用いて、企業の業務効率化に寄与すること
  3. DXを使ってより良い社会を作ること

以上のミッションを叶えるためにも「Dxportal」というポータルサイトが制作されたようです。

DXportalの内容

DXportalでは、必要な情報がすぐに手に入り、取捨選択できるようなWebサイトを目標とし、新しい記事を載せたり、運用・改修を行っているようです。

人それぞれ知識のレベルや、必要な情報は異なります。そのため、例えば、カテゴリーから知りたい情報にアクセスできる仕組みが用意されています。

「DXについて知りたい」「DX導入事例がみたい」「DX推進を検討している」の3段階から情報にアクセスすることが可能なため、自分に必要な情報を見つけやすい特徴があります。

DXportalの記事の紹介

ここでは、DXportalで記載されているいくつかの記事について紹介します。あくまでも一例なため、ぜひWebサイトにアクセスして、自分に合った情報をインプットしてみてください。

DXportal - 【航空会社のDX】海外との比較から見る事例紹介
航空券のデジタル化など、航空会社においてもDXは着実に進歩を遂げています。 ただ、海外と比較するとデジタル化が...

上記の記事では、航空会社ANA・JALのDXの事例について紹介されています。

航空会社ではDXを「ユーザーファースト」の視点で進めている部分が大きいと述べられています。この記事を読むことで、航空業界でも着実に、DXの導入が進められていることが理解できるでしょう。

DXportal - 【Zoom需要の拡大】DX的見地によるセキュリティ問題と3つの対策法
新型コロナ禍のオンライン会議や飲み会に頻繁に利用されるようになったZoom(ズーム)は、DX(デジタルトランス...

上記の記事では、近年Web会議ツールとしてよく使用されている「Zoom」のセキュリティ問題について、DXの関係性も踏まえて紹介されています。

この記事を読むことで、ZoomはDXを拡大させるためのツールの1つであることや、Zoomのセキュリティ問題の詳細・解決方法などが理解できるでしょう。

DXportal - 【行政のDX事例】マイナンバー制度にみる日本と諸外国のIT戦略の違い
国によって顕著に差が出る行政のDX(デジタルトランスフォーメーション/以下:DX)。 なるべく多くの国民にサー...

上記の記事では、日本と海外の行政におけいるDXの事例について紹介されています。

日本では、2021年5月の時点でマイナンバーカードの普及率は30%程度といわれています。例えば、インドやデンマークなどでは国家独自の仕組みを利用して、行政のDX推進を成功させており、勉強になる部分が多くあります。

今後の各国の行政のDX推進の動きについて、注目することが重要として結論は述べられています。

ちっびー
ちっびー

他に音楽業界・不動産業界・医療業界などの記事もあり、自分が所属する業界の記事を読んでみることはおすすめといえます!

Dxportalを利用してDXの理解を深めてよりよい社会を作り出そう!

これまでに、DXの定義やDXportalの詳細について詳しく解説しました。

DXとは、簡単に言うと、発展し続けるIT技術を用いて、人々の生活をより良い方向へと変革させる概念のことです。

DXの概念は馴染みがなく、DXの定義も抽象的であるため、一般人が理解するのは簡単ではありません。

そこでDXportalでは、DXについてやDXの導入事例などをポータルサイトとして発信しています。IT知識が乏しい方でも理解できるように、嚙み砕いて説明されているのが特徴です。

DXportalを利用してDXの知識を深め、活用できる部分はぜひ実際に導入し、社会をより良い方向へと変革させていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました