Linuxエンジニアとは?需要・将来性・必要なスキルレベルを解説!

IT関連講座

学生時代などにLinuxのOSに触れた方は、少なからずいるでしょう。Linuxとは、WindowsやMacOSと同様で、OSの1つです。

Linuxは、ITエンジニアの業務では、よく使用されるOSであり、Linuxエンジニアと呼ばれる職種の需要・将来性は高いです。

当記事では、Linuxエンジニアという職種の仕事内容や必要なスキルレベルについてわかりやすく解説します。

Linuxエンジニアという職種について詳しく知りたい方や、Linuxエンジニアを目指している方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

ちっびー
ちっびー

インフラエンジニアとして初めて業務を任されたのが、LinuxOSを使ったサーバーにおけるテストでした!また、仕事で使う機会が多いのも、Linuxでした!

インフラエンジニアは、希少価値が高く、求人数は多い傾向があります。Linuxエンジニアもスキルを磨けば、高年収が期待できます!

Linuxエンジニアとは?

Linuxエンジニアとは

Linuxエンジニアの仕事内容や需要・将来性が気になる!

ここでは、Linuxエンジニアの職種の概要に加えて、そもそもLinuxとはどのようなOSであるか、わかりやすく解説します。

Linuxとは

Linuxは、1991年にリーナス・トーバルズにより開発されたOSであり、最初はリーナス・トーバルズ自身が使用するための開発のつもりでしたが、現在ではシステム開発など、さまざまな機会でLinuxは有効活用されています。

また、Linuxとは、OSの中核を担うLinuxカーネルのことを指します。なお、カーネルとは、OSを構成するソフトウェアのことであり、稼働するプログラムの実行状態や、ハードウェアのリソースなどの管理を行います。したがって、カーネルは、アプリケーションがハードウェアを利用するための手段を提供しているといえます。

さらに、Linuxカーネルに、アプリケーションやライブラリを含めたものを、Linuxディストリビューションと呼ぶことがあります。Linuxと一般的に呼ぶ場合は、Linuxディストリビューションを指すことが多いです。

ここからは、Linuxを使用する領域・分野について詳しく紹介します。

サーバ構築

Linuxは、ユーザーが利用する端末であるクライアントOSと、サーバの開発や運用を行う端末であるサーバOSに分類できます。

Linuxはオープンソースで提供されているため、無償で利用することが可能です。そのため、サーバの開発・運用コストを抑えることができます。また、利便性が高く、サーバOSの領域では、WindowsやUnixよりも、Linuxが使用されることが多い傾向にあります。

特に、インフラエンジニアを目指す方は、Linuxに関する知識やスキルは必須ともいえるでしょう。

アプリケーション開発

Linuxでは、あらゆるプログラミング言語を使用することができます。例えば、Windowsで使用できるプログラミング言語は、一般的にLinuxでもほとんど言語が使用可能です。

また、Linuxには、IDEとも呼ばれる統合開発環境が整備されているため、アプリケーション開発の効率向上が期待できます。

組み込みシステム

近年では、IoTと呼ばれるトレンド用語があるように、あらゆるモノがインターネットと接続できるようになりました。インターネットに接続できるのは、組み込みシステムが含まれているためです。

なお、組み込みシステムとは、とある機能を実現するためのシステムのことです。例えば、家電製品や自動車の中に、組み込みシステムが搭載されているものもあります。そして、組み込みシステムを開発するうえで、Linuxが利用されることもあります。

Linuxエンジニアの仕事内容

Linuxエンジニアの仕事は、Linuxを使用するサーバーや、あらゆるミドルウェアのインストールおよびパラメータの設定、データベースのチューニングなどです。

Linuxサーバーで稼働しているシステムにトラブルや不具合が生じた場合には、最適な対応を行う必要があります。

近年では、統合開発環境(IDE)やミドルウェア、画像処理など、あらゆる領域・分野でLinuxエンジニアが必要とされる仕事があります。

Linuxエンジニアの職種・需要・将来性

Linuxエンジニアとは、ITエンジニアの中のインフラエンジニアと呼ばれる職種の1つです。

インフラエンジニアは、ITインフラの設計・構築から保守・運用まで幅広い業務を行います。そして、Linuxエンジニアは、その中でも、Linuxに関する高度な知識やスキルもっている方のことをLinuxエンジニアと呼びます。

Linuxは、Webサーバーで使用される「Apache」というソフトウェアと相性がよく、パラメーターの設定がしやすいという特徴があります。また、「Apache」は、オープンソースソフトウェアであるため、Linuxと同様で、無料で利用可能です。

このように、システム開発・運用での使いやすさや、コストの削減の観点から、Linuxを導入する企業は多く、Linuxエンジニアの需要は高く、将来性も期待できます。

ちっびー
ちっびー

インフラエンジニアやLinuxエンジニアはきつい・やばい・やめとけといった言葉をかけられることもあるため、自分の適性を把握することも重要です!

Linuxエンジニアに必要な知識・スキルレベル

Linuxエンジニア スキル

Linuxエンジニアの具体的なスキルレベルはどのぐらいなのだろうか?

LinuxOSはニーズが高いですが、Linuxに関する高度なスキルをもつエンジニアはまだまだ少ないのが現状です。そのため、Linuxの知識・スキルを身に付ければ、ITエンジニアとして活躍できる幅が広がります。

ここでは、Linuxエンジニアに必要な知識・スキルレベルについて詳しく紹介します。

Linuxの深い知識やスキル

Linuxエンジニアは、Linuxを使いこなせる知識やスキルが必要です。しかし、Linuxの深い知識をもっている方や、Linuxの操作を熟知しているエンジニアは、まだまだ少ないです。

Linuxはオープンソースであり、世界中で開発が続けられているため、Linuxに関する知識やスキルをすべて習得することは難しいといえます。

ただし、今後、Linuxエンジニアとして活躍するには、常に新しい情報をキャッチアップして、実際に取り入れる姿勢をもつことが重要です。

Linux以外のインフラ開発におけるスキル

Linuxエンジニアとして市場価値を高めるには、Linuxに関する知識やスキルだけではなく、Linux以外のインフラ領域・分野における知識やスキルを習得することも重要です。

ITインフラの設計や構築、保守・運用など、業務を効率よく実施するには、ネットワークやサーバーに関する知識やスキルが必要です。例えば、「Apache」「Tomcat」などのミドルウェアのインストールやパラメータ設定のスキル、セキュリティの知識、冗長化や負荷分散の知識などが挙げられます。

また、近年では「AWS」「Azure」「GCP」といったクラウド技術を導入する企業が増加しています。そのため、クラウド技術の知識やスキルをもっていると、市場価値の高い人材になることが可能です。

ちっびー
ちっびー

Linuxの知識を身に付けた後に、クラウド技術やデータベースなどのスキルを身に付ける方は多いかもしれません。

システム開発の工程に関する知識

システム開発を行うにあたって、企画・要件定義・設計から開発・テスト・保守・運用まで、さまざまな工程があります。

そのため、システム開発のあらゆる工程の知識があると、需要の高いLinuxエンジニアになることが可能です。

例えば、要件定義の工程は、クライアントにヒアリングして、どのようなシステムを作るかといった重要な役割があります。また、システム開発をスムーズに進めるには、プロジェクトマネジメントやコミュニケーションのスキルも必要です。

このように、Linuxエンジニアとして、キャリアアップしていくためには、さまざまな工程を経験することが大切です。

ちっびー
ちっびー

Linuxエンジニアとしてのキャリアプランには、主に専門性を高めていく方法と、プロジェクトマネージャーなどの管理職を目指す方法があります。

Linuxエンジニアにおすすめの資格

Linuxエンジニアにおすすめの資格を知りたい!

ここでは、Linuxエンジニアのスキルを身に付けたい方や、Linuxエンジニアを目指す方におすすめの資格を紹介します。

LinuC

LinuC(リナック)とは、LPI-Japanの運営する試験で、2018年から提供が開始されています。なお、2020年4月には出題範囲が改定され、クラウド時代に適応した試験となっています。

LinuCは、難易度がレベル1からレベル3までの3段階があります。上位レベルの認定を受けるためには、下位レベルの認定が必要です。

LinuCを取得することで、Linuxに関する知識やスキルを磨き、Linuxエンジニアとしてスキルアップすることができます。

LPIC

LPIC(エルピック)とはLPIの運営する試験で、2001年から資格認定が開始されています。なお、LPIは20万人以上の認定保有者を誇るLinuxおよびオープンソースの認定機関であり、180カ国以上で試験が実施されています。また、日本語や英語だけではなく、さまざまな言語で受験できる特徴があります。

LPICは、LinuCと同様で、難易度がレベル1からレベル3まであります。また、上位レベルの認定を受けるには、下位レベルの認定が必要です。

LPICは、LinuCと似たような試験ですが、海外でスキルを証明したいと考えている方は、LPICを受験するのがおすすめといえます。

Linuxエンジニアは汎用性が高く需要・将来性は高い!

Linuxは将来性が高い

Linuxは、ITインフラを構築するにあたって、需要の高いOSの1つです。Linuxエンジニアは、インフラエンジニアの職種の1つで、Linuxのスキルに特化したエンジニアのことを指します。

Linuxを高度に扱えるスキルをもっているエンジニアはまだまだ少ないのが現状です。Linuxの知識やスキルを習得することで、市場価値の高いエンジニアになることができます。

Linuxの知識やスキルを身に付けるには、「独学」「プログラミングスクール」「資格取得の勉強」などが挙げられます。また、Linuxで遊ぶことも勉強になります。

プログラミングスクールや学習サイトでの勉強を検討している方は、下記を参照ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました