【エンジニアの働き方】についてわかりやすく徹底解説!

IT関連講座

「エンジニア」といっても、業界や業種によって働き方はさまざまで異なります!

たとえば、正社員とフリーランス、派遣社員のエンジニアでも働き方は変わります。エンジニアは柔軟な働き方ができる職種だと世間的にいわれていますが、本当のところはどうでしょうか。

当記事ではエンジニアの働き方について紹介しましょう!

この記事を読むことで、自分に合ったエンジニアの働き方を見つけることができるかもしれません!

エンジニアの働き方はさまざま!

最初にも説明しましたが、エンジニアの働き方は業界や業種によってさまざまです!

また、エンジニアの人手不足が深刻化しているため、エンジニアの需要は非常に高いです。そのため、働き方の選択肢が多く、他の業界や業種と比較すると柔軟な働き方ができるでしょう!

ここからは、「正社員」「派遣社員」「フリーランス」のエンジニアの働き方について解説していきます!

正社員の働き方

まず正社員として会社に勤めるエンジニアの働き方が挙げられるでしょう!

正社員で働く場合、安定的な収入、充実した福利厚生を受けることができるでしょう!

一方、長時間の残業や休日出勤など、ブラック企業と呼ばれる会社に勤めると心身ともに健康に害を及ぼす可能性もあります。

では、エンジニアの代表的な業界である、Web業界とSIer業界それぞれの働き方について見ていきましょう!
私はSIer業界の会社に勤めています!

Web業界

Web業界はIT技術を駆使し、独自のサービスを生み出すことで利益を出している業界を指します。近年、IT技術の発展やインターネットの普及にともない急激に成長を遂げている業界です!

Web業界は、SIer業界と比べると誕生してまもない業界であるため、自由な働き方ができる点がメリットとして挙げられます。たとえば、リモートワークや副業が許されている企業も多いでしょう!

さらに、SIer企業は上流工程とよばれる要件定義や設計を担当することが多いことに対して、Web企業のエンジニアは開発がメインとなりコーディングする機会が多いのが特徴でしょう!

一方、IT技術の移り変わりは激しいため、新しいIT技術についての情報をキャッチアップしていかなければなりませんそのため、IT技術に興味がない方や、変化が嫌いな方には向いていない業界といえるかもしれません。

また、下記には「Yahoo!エンジニアの1日」の動画を紹介しています!

SIer業界

SIer業界の仕事は、クライアント先の要望に応じて、大規模なシステム開発案件を請け負う業界を主に指します。

仕事内容については下記の記事に詳しく書かれています!また、SIer業界のメリットやデメリット、問題点なども紹介されています!

下記の動画では、幅広いIT業界について詳しく解説されています。Web業界とIT業界の違いもよくわかるでしょう!

フリーランスの働き方

エンジニアの働き方としてフリーランスの選択肢もあります。フリーランスのエンジニアの場合は個人と企業の間で契約をかわすことになるでしょう。さらに、フリーランスのなかでも働き方もさまざまです!
私も将来はフリーランスを目指しています!

「タスク型」と呼ばれる受注した案件を、短期間で作業し納品を行う働き方や、「プロジェクト型」と呼ばれるプロジェクト案件に携わる働き方などがあります。

なお、「プロジェクト型」の場合、クライアント先へ常駐して他の会社員と同様に仕事を行うこともあるでしょう!

フリーランスは、自分で働く時間や仕事を選ぶことができ、プライベートの時間を確保しやすい点がメリットとして挙げられるでしょう。スキルをもっているフリーランスの場合、会社員よりも高収入が期待できます!

一方、案件を継続して受注することができない場合、収入が不安定になってしまったり、社会的信用や価値が下がったりする可能性も挙げられるでしょう!

派遣社員の働き方

最後に紹介するのが、派遣社員として働くという選択です。

派遣社員は、雇用契約の観点から、同じ会社で長期にわたって働く場合はほとんどなく、企業を転々として働いていくことになるでしょう!

派遣社員は、企業を転々と異動するため、多くの仕事やプロジェクトに携わることができます。そのため、エンジニアとしてのスキルを磨くのには適した環境といえるでしょう!

さらに、勤務時間などの条件が自分に適した仕事を選択できるため、自分のプライベートの時間を確保しながら働くことができます。たとえば、週3日勤務や、短時間勤務などができます。

一方、同じ会社で継続して働きたいと感じたとしても雇用契約上の観点化より、雇用期限には上限があるため、同じ会社に長期間にわたって働くことはできないでしょう!

エンジニアの働き方を選ぶ3つのポイント

これまでに、エンジニアの働き方がさまざまであることを解説してきました。

ここからはエンジニアの働き方の選ぶ3つのポイントを紹介しましょう!

収入面

エンジニアの働き方を考える上で最も重要なポイントともいえるのが「収入面」です。

自分が稼ぎたい額よって働き方が変わってくるでしょう。例えば、収入を安定させたい方は、正社員として働くのが向いているといえます。

よって、自分の必要な収入を明確にした上で、自分の希望とマッチングした働き方を選ぶのが重要だといえるでしょう。
私は物欲がそこまでなく、実家暮らしなのでそこまで収入が必要がない点に気づき働き方を見直そうと考えています!

労働環境

日本のエンジニアは他の国々と比べると労働時間が多い傾向にあります。

働き方改革などにより改善されている傾向もみられていますが、エンジニアには納期やトラブルがあるため、残業など長時間労働が多い傾向にあります。
私もエンジニアとして、納期間近や、トラブル発生時は長時間労働を強いられることが多いです!

また、「フレックスタイム制度」を採用しているかどうかも働き方を選ぶ上では重要な項目です。フレックスタイム制度は、出勤時間や退勤時間を自由に選択できるため、働き方の自由度が大きくなります。

例えば、朝に子供を学校に送り出してから出勤したい方などにはメリットが大きいといえるでしょう。
実際に私の会社でも上記のような社員は見受けられます!

ワークライフバランス

近年注目を浴びているのが「ワークライフバランス」という用語です。

エンジニアの働き方は非常に変化してきています。たとえば、時短勤務や在宅勤務などが挙げられるでしょう。時短勤務や在宅勤務を上手く利用できれば、自分のプライベートの時間を十分に確保できます。

エンジニアの働き方として、副業を行う方も珍しくありません。本業と副業をマッチさせることでエンジニアとしてのスキルアップに繋がる可能性も秘めています!

「副業をしたい」と考えている方は、企業の就業規則などで副業の可否について確認することが大切です。
私も副業ができる会社のため、「Webライター」や「ブロガー」として副業ができています!

自分に合った働き方を見つけよう!

近年エンジニアの働き方は、業界、業種によってさまざまであり、多様化してきています!

今後もエンジニアの働き方は多様化し、さまざまな働き方ができる会社が増加することが予想されます。また、エンジニアとして高度なスキルがあれば、働き方の選択肢の幅が広がることも期待できるでしょう!

最後になりますが、収入や労働環境など自分の希望を明確にするのがまず大切です。その上で自分に合った働き方を選ぶことが重要だといえるでしょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました