マークアップエンジニアとは!?仕事内容・将来性を徹底解説!

IT関連講座

「マークアップエンジニア」は、HTMLやCSSのコーディングを行い、Webサイトの制作に携わる職業のことを指します。

「フロントエンドエンジニア」や「コーダー」とも間違われやすい職種ではありますが、Web開発の高度化にともないマークアップエンジニアの需要は増加しています!

当記事では、マークアップエンジニアの仕事内容や将来性、キャリアパスについて徹底解説します!

この記事を読むことで、マークアップエンジニアについて理解を深めることができ、ホームページ作成など副業に興味が湧くかもしれません!

マークアップエンジニアとは?

「マークアップエンジニア」とはWebサイト制作に携わる仕事におけるひとつの職種です!
私がこの記事を作成しているのもマークアップエンジニアに近いと言えるかもしれません!

マークアップエンジニアは、「HTML」「CSS」「JavaScript」といったマークアップ言語といわれるプログラミング言語を利用して、ユーザビリティーやアクセシビリティに配慮したWebサイトを作成できるように業務を行っていきます。
「HTML」や「CSS」について勉強したことのある方やご存知な方は多いのではないでしょうか。

ここでは、マークアップエンジニアの具体的な仕事内容を紹介しましょう!

また、「マークアップエンジニア」と「フロントエンドエンジニア」、「コーダー」との違いについても解説します!

マークアップエンジニアの仕事内容

マークアップエンジニアは、Webデザイナーが設計したデザインをもとに、「レイアウトや」「装飾」「画像の挿入」といったコーディングの業務を行っていきます!

マークアップエンジニアは、Webサイト制作の開発工程において、Webサイト制作におけるフロントエンド側の最後の工程を担当する重要な仕事です。

ここで、フロントエンドとは、WebサイトやWebアプリケーションなどにおいて直接ユーザーの目に触れる部分のことを指します。

マークアップエンジニアは、ユーザーにとって「わかりやすい」、「見やすい」というようにユーザビリティーやアクセシビリティへの配慮を行うことも重要です。

さらに、「Google」「Yahoo」などの検索エンジンに評価されるような、「SEO」と言われる部分にも注意を払ってコーディングを行うことも大切です!
SEOに関する本として私は下記の本ひとつで勉強しました!YouTuberで有名な「マナブさん」の記事でも紹介されています!ここではWebライターで稼ぐコツも紹介されています!

以上のように、マークアップエンジニアは、ユーザーが求めていることを把握することや、検索エンジンからも価値のある情報であると思わせるようなWebサイトを提供できるように業務を行うことが大切だと言えるでしょう!

フロントエンドエンジニアやコーダーとの違い

マークアップエンジニアと似ている職種として、「フロントエンドエンジニア」と「コーダー」があります。

しかし、「マークアップエンジニア」、「フロントエンドエンジニア」のように名称が違ったとしても、企業によっては、同様な業務を行っていることも多いです!

ここでは、「フロントエンドエンジニア」と「コーダー」の詳細について紹介しましょう!

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアとは、マークアップエンジニアと同様に、HTMLやCSS、JavaScriptに関する高度な知識やスキルをもっています。

Webサイト制作後、他の作業者が修正などの保守作業を行う際にも使いやすい「Web標準」や「アクセシビリティ」に基づいたコーディングスキルを有しているのも特徴です。

また、フロントエンドエンジニアは「JavaScript」による高度なプログラミングスキルも兼ね備えているも特徴です!

「JavaScript」は、スマホの急激な普及にともない、Web業界では当たり前のスキルと言えるでしょう。また、PCサイトだけでなく、スマホでも見られるようにサイトを制作したいという場合には、フロントエンドエンジニアのスキルは非常に重宝されるでしょう。

コーダー

コーダーとは、HTMLやCSSを用いてWebサイトをコーディングするのが仕事です。そのため、HTMLコーダーやWebコーダーとも呼ばれたりします!

コーダーは顧客やWebデザイナーの指示通りに業務を行うが多いでしょう

一方、マークアップエンジニアは、ユーザビリティなどの観点からWebデザイナーや顧客に対してよりよい提案をすることができる知識やスキルが求められます!

マークアップエンジニアの将来性

これまでに、マークアップエンジニアの仕事内容について紹介してきました。

また、「マークアップエンジニア」と「フロントエンドエンジニア」や「コーダー」との違いについても解説しました。

ではここからは、マークアップエンジニアの需要やキャリアプランについて説明しましょう。

マークアップエンジニアの需要

マークアップエンジニアは、現状では需要が非常にあります!

しかし、数十年後には、担当している業務の大部分が「AI」によってなくなってしまう可能性があるという予測もされています。

マークアップエンジニアとして今後も生き残っていくためには、常に新しい知識やスキルを磨いていくことが重要です!特にWeb業界は変化のスピードがものすごく速いです!

現在は「CMS」と言われるスキルも求められるようになっています。「CMS」とは簡単に説明すると、HTMLやCSSなどのWebの専門知識がないような方でも、ホームページの作成ができるシステムのこと指します。
私がこの記事を書く際に使っているのも「WordPress」と言われる「CMS」を利用しています!下記の本で勉強しました

マークアップエンジニアのキャリアプラン

ここでは、今後のキャリアプランについて3つ紹介しましょう。

フロントエンドエンジニアを目指す!

JavaScriptの技術を習得することで、フロントエンドエンジニアを目指すことが可能でしょう!

また、Java、Python、Rubyなどのように他のプログラミング言語を学ぶことで、システムエンジニアなどの他のエンジニアに転職していく方法もあります!
個人的にひとつのプログラミング言語を学ぶことがまずは大切でしょう。英語を覚えると他の言語を覚えるスピードが速くなるのと同じ原理です!

マネジメント職を目指す!

マークアップエンジニアは、Webデザイナーやクライアントとのやり取りなどディレクターのような役割も求められます!

そのため、「Webディレクター」や「プロデューサー」へとキャリアアップするといった選択もありでしょう!

また、管理職のようにマネジメントするスキルを身に付けることで、責任は大きくなりますが、年収アップも期待できます!

Webマーケターを目指す!

マークアップエンジニアは、Webサイト制作の企画や開発に携わることが多いです!

そのため、ユーザーのニーズの把握に費やす機会もよくあることから、Webマーケターなどのマーケティングの仕事へとキャリアアップすることも可能でしょう!

また、IT技術の発展に伴い、インターネットの利用者がどんどん増えています。そのため、企業はWebマーケターの人材を重宝する傾向があり、Webマーケターの需要は非常に高いと言えるでしょう!

マークアップエンジニアはスキルの変化への対応が重要!

「マークアップエンジニア」とはWebサイト制作に携わる仕事におけるひとつの職種です!

マークアップエンジニアになるためにはHTMLやCSSの知識やスキルは当然身に付ける必要があります!

また、「JavaScriptなどのプログラミング言語」や「SEO」、「CMS」などの知識やスキルも身に付けることが今後は重要でしょう!

さらに、Webサイトを制作する際には適切なコミュニケーションスキルも必要とされます!

現状マークアップエンジニアの需要は非常にあります。しかし、マークアップエンジニアとして今後も継続して活躍し続けるためには、常に新しい知識やスキルを身に付けていくことが大切です!

時代の変化やユーザー・クライアントが求めていることに対して、適切な提案が行えるように、常にスキルの変化に適応していくことが重要でしょう!

最後に私の個人の意見ですが、マークアップ言語を学びアウトプットすることはおもしろいですよ!!

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました