サーバーサイドエンジニアへ未経験から就職・転職するための勉強方法・ロードマップ!必要な資格・スキルを解説!

サーバーサイドエンジニアへ未経験から就職・転職するための勉強方法・ロードマップ!必要な資格・スキルを解説! IT関連講座

サーバーサイドエンジニアを目指すためには、あらゆる勉強方法があります。

最短で必要なスキルを身に付けて就職・転職するためにも、自分にあった勉強方法を選ぶことが大切です。

当記事では、サーバーサイドエンジニアへの就職・転職目指すための勉強方法・ロードマップや、未経験から必要な資格・スキルについてわかりやすく解説します。

サーバーサイドエンジニアに興味がある方や、サーバーサイドエンジニアになりたいと考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

サーバーサイドエンジニアへ就職・転職するための勉強方法・ロードマップ

サーバーサイドエンジニアへ未経験から就職・転職するための勉強方法・ロードマップ!必要な資格・スキルを解説!

サーバーサイドエンジニアを目指したいけれどどのような勉強方法があるのだろうか?ロードマップが気になる、、

ここでは、サーバーサイドエンジニアを目指すための勉強方法・ロードマップを詳しく紹介します。

本・書籍を活用する

サーバーサイドエンジニアに関する本・書籍は数多くあるため、本・書籍を上手く活用して独学で勉強することができます。

本・書籍の場合、コストが抑えられるというメリットがあります。

ただし、書籍で学習する場合には、正しい知識を深めることはできますが、実践的なスキルが身に付きにくいというデメリットがあります。

そのため、本・書籍に加えて、実際に手を動かして作業する機会を設けることがスキルを身に付けるコツです。

まずはサーバーサイドでよく使用されるPHP・Ruby・Javaといったプログラミングに関する書籍を購入して勉強を始めてみましょう。

学習サイトを活用する

近年では、IT技術の発展に伴い、オンライン上で勉強できる学習サイトが増えています。

学習サイトでは、パソコンとネット環境があれば独学で学習することが可能です。

そのため、自宅やカフェなど、自分の好きなところで勉強することができます。

また、学習サイトの中には、疑問点や不明点を質問できるものもあります

プログラミング開発やインフラ構築では、エラーやバグが付きものであり、独学では挫折してしまう方も少なくありません。

そこで、コスト・サポート・カリキュラムなどを総合的に比較したうえで、自分にあった学習サイトで勉強を始めてみるのがおすすめです。

プログラミングスクールを受講する

ITエンジニアの需要の増加に伴い、近年ではあらゆるプログラミングスクールが登場しています。

プログラミングスクールでは、独学とは異なり、講師に疑問点・不明点を質問できるため、安心して学習を継続することが可能です。

また、転職保証制度や面接対策、求人紹介といった転職サポートがあることも多いため、プログラミングスクールでサーバーサイドエンジニアに必要なスキルの習得から就職・転職までを行うことができます。

ただし、プログラミングスクールはそれぞれターゲット層が異なるため、複数のスクールを比較したうえで、自分にあったスクールを選ぶことが大切です。

勉強会・セミナーに参加する

サーバーサイドエンジニアに限らず、ITエンジニアの間では勉強会やセミナーが活発に実施されています。

なお、勉強会やセミナーは無料のものから有料のものまで幅広くあります。

勉強会やセミナーに参加すれば、業界の最先端の技術に関する知見を得ることが可能です。

また、高度なスキルをもったサーバーサイドエンジニアの職種の方や、幅広い職種の方と仲を深められる機会でもあるため、積極的に多くの方々とコミュニケーションをとることが大切といえます。

未経験からサーバーサイドエンジニアへ就職・転職するためにおすすめの資格

サーバーサイドエンジニアへ未経験から就職・転職するための勉強方法・ロードマップ!必要な資格・スキルを解説!

未経験からサーバーサイドエンジニアとして就職・転職するためにおすすめの資格は?

ここでは、未経験からサーバーサイドエンジニアとして就職・転職を目指すためにおすすめの資格について詳しく紹介します。

情報処理技術者試験

情報処理技術者試験とは、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が主催している試験で、ITに関連した業務に携わる方に向けた技術力アップを目的とした国家試験の一つです。

情報処理技術者試験では、4つのレベルに分類されているのが特徴で、サーバーサイドエンジニアへの就職・転職を目指すのであれば、レベル2に相当する基本情報技術者試験の資格は取得しておくべきといえます。

その後、自分のキャリアに合わせて上位の資格を取得するのがおすすめです。

PHP技術者認定試験

PHP技術者認定試験とは、PHP技術者認定機構が主催している試験で、「PHP7技術者認定初級試験」「PHP5技術者認定初級試験」「PHP5技術者認定上級/準上級試験」「PHP技術者認定ウィザード」の4種類の試験があります。

レベル別でみると初級・準上級・上級・ウィザードの4つがあります。

また、PHPには複数のバージョンがあり、「PHP5」と「PHP7」が試験の対象となっています。

サーバーサイドエンジニアとして就職・転職すると、Linuxのスクリプト作成などで、PHPのプログラミング言語を使用することもあります。

Ruby技術者認定試験

Ruby技術者認定試験とは、Rubyのプログラミング言語を使用するエンジニアやコンサルタント、講師、学生などを対象とした試験で、資格を取得すれば、Ruby技術者として高水準のシステム開発のスキルを保有していることを証明できます。

Rubyは、まつもとゆきひろ氏によって生み出された国産のプログラミング言語であり、サーバーサイド開発での需要が高く、他のプログラミング言語と比較すると習得難易度が低いです。

そのため、Rubyの勉強を考えている方は、資格取得を目標にして学習を進めるのも一つの手といえます。

Oracle認定Javaプログラマー

Oracle認定Javaプログラマーとは、オラクル社が主催しているJavaのプログラミング言語に関する資格試験で、資格を取得すれば、業界標準に準拠したJavaのスキルを保有しているとを証明できます。

なお、2019年6月下旬より「Java SE 11」に対応した試験が開始されています。

レベルは、「Bronze」「Silver」「Gold」の3種類あります。

大規模なシステム開発を行う場合には、Javaを使用して開発を行う機会も多いため、Javaの勉強を始めたいと考えている方は、 Oracle認定Javaプログラマーの資格を取得しましょう。

Linux技術者認定試験LinuC

LinuCとは、LPI-Japanが主催しているLinuxの資格試験で、レベル1からレベル3までの試験があります。

近年では、AWSやAzuru、GCPといったクラウドサービスが普及し始めています。

LinuCを取得することで、クラウドに関する知識に加えて、Linux技術者に必要とされるスキルを保有していること証明できます。

サーバーサイドエンジニアとして、Linuxの操作スキルは必須ともいえるため、LinuCの資格取得は、就職・転職のアピール素材として役立ちます。

また、LinuCと似た資格にLPICもあるため、どちらの資格を取得するかは自分のキャリアにあわせて選択するのがおすすめです。

オラクルマスター

オラクルマスターとは、オラクル社が主催しているOracle Databaseの管理スキルの証明ができる資格試験です。

Oracle Databaseは機能性や拡張性、安定性などの観点から、データベースとして数多くの企業で採用されています。

レベルは、基礎レベル「Bronze」からエキスパートレベル「Platinum」までの4種類があります。

オラクルマスターの資格を取得できれば、世界的に認知されている資格でもあるため、海外でも評価されます。

未経験からサーバーサイドエンジニアに就職・転職するために必要な知識・スキル

サーバーサイドエンジニアへ未経験から就職・転職するための勉強方法・ロードマップ!必要な資格・スキルを解説!

未経験からサーバーサイドエンジニアとして就職・転職するために必要な知識やスキルには何があるのだろうか?

ここでは、未経験からサーバーサイドエンジニアとして就職・転職を目指すうえで、必要な知識やスキルについて詳しく紹介します。

プログラミングスキル

サーバーサイドエンジニアにも、フロントエンドエンジニアやプログラマーといった職種のように、プログラミングスキルが求められます。

ただし、サーバーサイドエンジニアは、サーバーサイド開発でよく使用されるプログラミング言語の知識を深めておくことが大切です。

例えば、PHP・Ruby・Javaなどが挙げられます。

全ての言語を習得しようとする必要はなく、まずは一つの言語で開発ができるようになるまで勉強を行いましょう。

また、企業やプロジェクトによって、使用するプログラミング言語は異なるため、就職先・転職先などを選ぶときは、得意なプログラミング言語を使用しているかを確認することが重要です。

ちっびー
ちっびー

インフラエンジニアのサーバーエンジニアの職種を担っていた時期もありましたが、PHPのプログラミング言語を利用する機会がありました。

Webフレームワークの知識

近年のWeb系の開発では、フレームワークを活用して業務を効率化させることが多いです。

なお、フレームワークとは、開発に必要とされる機能をまとめたもののことです。

代表的なフレームワークには「Ruby on Rails」「React.js」「Laravel」「Spring」などが挙げられます。

使用するプログラミング言語によって、活用するフレームワークは異なるため、就職先・転職先を選ぶ際には、どのようなフレームワークを使って開発を行っているかを確認することが大切です。

また、求人によっては、フレームワーク利用経験が必須の場合もあるため、フレームワークの知識を深めておくことは重要です。

データベースやSQLの知識・スキル

Webサービスでは、データベースを利用する機会が多いです。

そのため、サーバーサイドエンジニアによっては、データベースを設計・構築したり、データベースの情報を操作したりするスキルが要求されることもあります。

なかには、サーバーサイドエンジニアからデータベースエンジニアを目指す方もいるかもしれません。

そのため、サーバーサイドエンジニアへの就職・転職を目指す場合には、データベースの基礎でもあるSQLと呼ばれるデータベース言語に関するスキルを身に付けておくことが必要です。

ちっびー
ちっびー

データベースエンジニアの需要は高く、幅広い業界で活躍が期待されます!

フロントエンドの知識・スキル

フロントエンドの開発スキルとは、HTML・CSS、JavaScriptといったプログラミング言語を利用して、ユーザーが直接的に触れる部分の開発などの業務を行うスキルのことです。

近年では、IT人材の不足の影響もあり、サーバーサイドエンジニアでもフロントエンドエンジニアの役割を担うこともあります。

そのため、フロントエンドに関する開発スキルが要求されることもあります。

サーバーサイドエンジニアにとって、フロントエンドの知識やスキルは必須とはいえません。

しかし、業務の幅を広げたり、市場価値を高めたりするために、フロントエンドの知識やスキルを身に付けるのはおすすめです。

自分にあった勉強方法・ロードマップでサーバーサイドエンジニアへの就職・転職を成功させよう!

サーバーサイドエンジニアへ未経験から就職・転職するための勉強方法・ロードマップ!必要な資格・スキルを解説!

サーバーサイドエンジニアは、今後の需要が高い職種であり、未経験から目指したいと考えている方も少なくないでしょう。

未経験からサーバーサイドエンジニアへの就職・転職を目指すにあたって、さまざまな勉強方法・ロードマップがあります。

まずは、独学で勉強するのか、プログラミングスクールを受講するのかを決めることが大切です。

また、サーバーサイドエンジニアに必要な知識やスキルを理解したうえで、資格取得を目指すこともモチベーションを維持するためにおすすめといえます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました